稿本『乙酉後記』

 稿本『乙酉後記』は明治十八年秋の、三峯山登山、秩父三十四観音霊場巡りの旅の記録である。彼をこの旅に駆り立てるせっぱ詰まった事情があったとは思われないが、前年に秩父事件が勃発して、明治政府の租税政策が苛酷であり、その過重に堪え難く逆らったことにかかわりがあるかもしれない。本文に直接的な言及はない。

 乙酉の年の秋の旅は十月六日出発、同十三日帰宅の八日間の旅であった。あらすじを追ってみる。

 十月六日。四日に亡児いしの十三回忌の法要を済ませた後、六日出発。早朝上野から汽車に乗り、浦和、熊谷を経て本庄駅に着いた。根古屋まで六里のところ馬車がなく歩く。日の沢村に至り、阿左美氏にて泊る。七日。岩道五丁を歩いて秩父観音霊場三十四番の日沢山水潜寺に参詣。観音堂の上に大なる窟があり、中に石仏を安置してある。次に第三十三番。延命山長安寺。また菊水寺ともいう。下鹿野、般若村を経て、三十二番石船山法性寺。般若窟に地蔵尊、千体仏を安置。伊豆沢村、小鹿野を経て岩戸沢村にて泊まる。八日。細谷川に沿って、藤倉村に至る。石段を上がると三十一番岩谷山観音院。奥に窟があり、石仏を多く立てている。岩戸沢村に下って、薬師堂村、小森村、白井差を過ぎる。贄川、岩名村、強石村、大滝村を経て大輪村に至る。

 三峯神社への道をとる。三峯山はかねてから登りたい山であった。途中女性信者のための宿舎をみる。頂上での止宿を禁じられているためだという。三峯山大権現参詣。ここは修験道の山であったが、維新後神社に転じた。不景気の中、多くの泊まりがある。信者達と語らってその生活に触れる。

 九日。下山。白久村にかかり、一里ばかりで三十番深谷山法雲禅寺、高所にあるので寒い。続いて二十九番笹戸山長泉禅寺、二十八番石竜山橋立寺、二十七番竜河山大淵禅寺、二十六番岩井堂円融院、二十五番嫩桂山閻魔王御手判寺と回り、別所村にて泊まる。十日。早起き。二十四番白山法泉寺、二十三番松風山音楽寺、二十二番童子堂、二十一番矢の堂観音寺、二十番岩之上堂、十九番飛淵山竜石寺、十八番白道山神門寺、十七番実正山定林寺、十六番無量山西光寺、十五番五葉山少林寺、十三番旗下山泰平院慈眼禅寺、十二番仏道山野坂寺、十一番熊木山観音堂、十番万松山大慈寺、九番明星山明智寺、八番普照閣西善禅寺、七番牛伏山法長寺、六番萩野山卜雲寺、五番語歌堂、四番高谷山新木寺とこの日は二十一ヶ寺を回った。

 十一日。三番矢追山岩本院常泉寺。二番大棚山真福禅寺。二番寺は、本堂大破、庫裏も破損。本堂に老僧が破れ布団を引っ被り寝ていたので、事情を聞くと、寺の盛衰は寺の内証を切り盛りする大黒(梵妻)次第、本寺は妻もいないのでこのような荒れ放題となった。一番の誦経山四万部寺なんかは美人の大黒(梵妻)がいるので大繁盛という。それを聞いた私は「観音様よりまず弁天様を拝みたいもの」と一番に駆けつけ、お茶を入れてもらったり、話しこんだりして、大黒(梵妻)の美人ぶりを時間を忘れて拝見していたが、役所の十二時の報せに驚いて出立。安戸駅、小川駅を経て、菅谷駅に到った。

 十二日。川越まで人力車を雇う。さらに乗り継いで練馬、板橋を経て、三時過ぎに帰宅した。旅装を解いて納札が一枚残っているのに気付いた。一番寺で美人大黒(梵妻)に気をとられて納めずに帰ってきてしまったのだ。黙して頭を掻くばかりであった。

 秩父三十四観音霊場として順番が示されているのだから、一番札所から回るのがふつうであろうと思われるが、三十四番の結願寺である日沢山水潜寺から始めたのは謎である。あるいはもう一つの目的、三峯山登山・三峯神社参拝に心急かれていたのかもしれない。もう一つの謎は、二番参詣後、一番の誦経山四万部寺で寺の美人「大黒」に見惚れて納札を忘れたというエピソードは何のために挿まれたのか。秩父三十四観音順礼は、山地を行く割には小寺が多く、神仏分離のあおりで荒廃した状態にあり、彼にとってそうおもしろいものでもなかったのか、二十三番から六番まで山号・寺号と特色を一、二上げるだけで詳細を記さないのは惜しいことである。札所中、十四番今宮坊が記されていないが、これは当時今宮神社とされたことに関係があると思われる。

 武四郎は旅をする際、名所図会のようなガイドを携えることが多かったが、この旅においてはどうであったのか。江戸末期に美麗な錦絵付きで編まれ、明治十五年にダイジェスト版が出版された『秩父三十四ヶ所観音霊験記』がよく用いられたが、武四郎の記した山号・寺号と食い違う点があり、別の案内記が使われたようだ。

 稿本『乙酉後記』は記念館に写本一冊が残っている。白表紙・仮綴。外題「乙酉後記 全」、内題「乙酉後記」。序跋無。二十一丁。寸法は縦二三・一糎、横一六糎である。長く東京松浦家に保存されていたが、国文学研究資料館寄託を経て現在は松浦武四郎記念館所蔵となっている。