往=洞川温泉P→法力峠→稲村小屋→大日山下→稲村ヶ岳
復=稲村ヶ岳→大日山(登頂)→小屋→蓮華辻→洞川温泉P
大日山のあんなとんがりの先っぽに登れるのだろうか。
左側:稲村ヶ岳 右側:大日山
カミさん(帽子)が興味深そうに山伏と女性信者の祈祷風景を覗いている。
大日山上の祈祷風景
「花の百名山」によれば稲村ヶ岳の代表花はこの花である。
ヤマアジサイ
 
沢筋にいっぱい咲いている。
コアジサイ

 今日は伊吹山の月例登山を予定していたのであるが、カミさんの「初めての所へ登りたい」という希望を優先して稲村ヶ岳とした。稲村ヶ岳は5年前の冬、K会のK氏に連れてもらって登りかけたものの、なだれた雪に阻まれて登頂できなかった。隣の山上ヶ岳へは五番関から往復したことがある。宿坊横に咲いたオオヤマレンゲが美しかった。
 朝5時家を出発。上記の2回は下市町回りで洞川に入ったのであるが、時間がかかるので、今回はR169の「道の駅杉の湯」横から高原洞川林道に入った。8時前に洞川到着。
 洞川温泉Pに駐車して、8時出発。旅館街を抜け、道標に従って登山道に入る。8時30分、母公堂からの道と合流。そちらからは山伏に先導された女性信者の一行が登ってきた。9時5分法力峠について水飲み休憩。10時15分稲村小屋、休まずに山頂に向かう。数分で大日山の弾頭のような尖峰が見えてくる。とても登れそうにないほどの鋭さで、怖じ気づいてしまった。10時45分頂上到着。展望台に上がると高校の山岳部らしい一団が陣取っていた。自分も在職時代に山岳部の山行に付いていったこともあるので、懐かしくなって話しかけてみると、和歌山のK高校ということだった。山上ヶ岳をはじめ大峰の山々がしっかりと見える。大日山をうかがうと先の山伏が一行を率いて登っていくところだった。15分間眺望を楽しんで、下山開始。
 11時15分、大日山登り口。しばしためらったが、カミさんの挑発を受けて登ることとする。道はしっかりしていて、はしごやロープ・鎖に助けられて数分で登頂。頂上では祠を前に山伏の祈祷が続いていた。11時30分大日の尖峰を下りきって11時45分稲村小屋。25分間の昼食休憩。年配組がイッパイやっていたり、沢登りの若者が体を乾かしたりしている。
 復路は蓮華辻へ回ることにして12時10分出発。しばらくは平坦で、樹間越しに稲村ヶ岳や大日山が見える。そのうち道幅も狭くなり、踏み外せば大事故になりそうな崖切りの急斜面となる。慎重に下りて12時40分蓮華辻に着く。直進すれば山上ヶ岳へ。宗教的伝統を理由にした女人結界門が立っている。夫婦連れの自分として感ずるところはいろいろあったが、有刺の鋸葉に特徴があります。花名を教えてください。ここには記さない。素直に左折して、川瀬谷へ。13時40分林道終点。大峯大橋からの長い長い舗装路に疲れ果てて、14時50分洞川温泉Pに着く。帰路も高原洞川林道をとって、家に帰り着いたのは18時10分であった。
 今回は、シャクナゲには遅く、オオヤマレンゲには早く、アジサイ各種・ツマトリソウ・フタリシズカ・ヒメレンゲ・サラサドウダンなどに会えただけであった。
 右の写真の花の名前、初めてで分かりません。ご存じの方、お教えいただけないでしょうか。写真上でクリックすると詳細写真(75KB)が得られます。 →

2001.06.18UP