開拓判官を辞して(明治3年)からの明治期の武四郎に対する伝統的な評価は、趣味の世界に生きた古物愛好家というものです。確かに古物収集の実績、古物愛好家仲間の評判から言えば、そういう面がなかったとは言い切れませんが、しかし、それだけで終わらせていいのか、というのが10年来彼の自筆日誌の解読に努めている私の疑問です。
明治元年に出された「神仏分離令」は廃仏毀釈という破壊活動を生み、その傷は10年代になっても残っていました。明治10年代、武四郎は年数十日の西日本旅行を重ねていますが、その目的の一つは寺社や個人の所蔵となっている古代の出 土品、仏像や経巻、物語、歌集、古文書を拝観し、記録にとることでした。時にはスケッチもとっています。
廃仏毀釈のために仏堂、仏像、経典が破壊、売却、散逸した例をいくつも書き残しています。さらに追い打ちをかけた明治5年の「修験道廃止令」により、大峰修験も壊滅的な打撃を受けました。
明治13年、武四郎は大峰の奥駈けを敢行しています。これは彼が登山家であったからできたことではありますが、また「修験道廃止令」への実践的な抵抗でもあったとみることができます。これらは彼が古文化に関心を持ち、研究を深めていた成果です。
一般的評価の「好古家」という 閉じられた集団でのイメージではなく、或いは個人の趣味の段階にとどまるのではなく、研究のための蒐集と文化財保護に尽くした「考古家 」というのが適当です。 馴染まない言葉ですが、「考古家」・「文化財研究家」としての一面を指摘しておきたいです。学問として体系化したわけではありませんが、旅行や登山の中で「古きもの」を追い続けました。
明治期の武四郎評価の、もう一つ大事な点は、青壮年期と同じく旅行家、探検家、登山家であり続けたことです。この点については13年の大峰奥駈け、18、19、20年の大台ヶ原登山の所で詳しくみることにします 。開拓判官を辞して(明治3年)からの明治期の武四郎に対する伝統的な評価は、趣味の世界に生きた古物愛好家というものです。確かに古物収集の実績、古物愛好家仲間の評判から言えば、そういう面がなかったとは言い切れませんが、しかし、それだけで終わらせていいのか、というのが10年来彼の自筆日誌の解読に努めている私の疑問です。
明治元年に出された「神仏分離令」は廃仏毀釈という破壊活動を生み、その傷は10年代になっても残っていました。明治10年代、武四郎は年数十日の西日本旅行を重ねていますが、その目的の一つは寺社や個人の所蔵となっている古代の出 土品、仏像や経巻、物語、歌集、古文書を拝観し、記録にとることでした。時にはスケッチもとっています。
廃仏毀釈のために仏堂、仏像、経典が破壊、売却、散逸した例をいくつも書き残しています。さらに追い打ちをかけた明治5年の「修験道廃止令」により、大峰修験も壊滅的な打撃を受けました。
明治13年、武四郎は大峰の奥駈けを敢行しています。これは彼が登山家であったからできたことではありますが、また「修験道廃止令」への実践的な抵抗でもあったとみることができます。これらは彼が古文化に関心を持ち、研究を深めていた成果です。
一般的評価の「好古家」という 閉じられた集団でのイメージではなく、或いは個人の趣味の段階にとどまるのではなく、研究のための蒐集と文化財保護に尽くした「考古家 」というのが適当です。 馴染まない言葉ですが、「考古家」・「文化財研究家」としての一面を指摘しておきたいです。学問として体系化したわけではありませんが、旅行や登山の中で「古きもの」を追い続けました。
明治期の武四郎評価の、もう一つ大事な点は、青壮年期と同じく旅行家、探検家、登山家であり続けたことです。この点については13年の大峰奥駈け、18、19、20年の大台ヶ原登山の所で詳しくみることにします 。
松浦武四郎は日誌スタイルの紀行作家である。それは生涯を通して一貫していた。
 すでに天保六(一八三五)年、十八歳の時の飛騨での体験、見聞を『飛騨紀行』に記している。記述の時期ははっきりしないが、叙述の具体性からみて旅行後そう遠くない頃と思われる。翌七年十九歳の時には四国一巡の旅を行い、『四国遍路道中雑志』を書いた。記述の時期は蝦夷地に赴くため一旦故郷に帰った弘化元(一八四四)年二十七歳の頃であろうと思われる。在九州時代には『西海雑志』が書かれ、在蝦夷地時代の体験、見聞は『初航/再航/三航蝦夷日誌』、『丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌』、『石狩日誌』、『知床日誌』等蝦夷日誌として記され、そのうちのいくつかは彼自身の手で刊行もされた。彼の日誌は漫然とした日々の記録ではなく、旅行前には徹底した下調べを行い、旅行中は日々の記録を野帳にとり、旅行後はそれを整理してまず一次の日誌稿本を作る。これがそのまま残ることもあるが、その後何次かの改稿を経て刊行に至るもの (刊本)もあった。刊行に際しては他への配慮や文飾もあるので資料的価値は稿本の方が高い。このことは明治期の日誌についても同様である。
明治になってからは二年に『東海道山すじ日記』が記された。その後十一年にかけては北野天満宮への大神鏡奉納(八年)もあり、京阪等に旅行をしたと思われるが、詳細は分かっていないし日誌も残っていない。
明治十年代はどうであっただろうか。明治十年代の武四郎の状況と心境を知るうえで「松浦竹四郎研究会会誌」第六十二号(二〇一一年九月発行)に紹介された「末松孫太郎宛松浦武四郎書簡」は重要なものである。末松孫太郎はもと肥後熊本藩士で、嘉永のころ武四郎と交流があった。書簡は明治十七年七月二十八日付、今次甲申の旅行から帰宅して二月後のものである。この書簡で武四郎は次のように記している。

「・・・五十九歳の頃より多病に成、六十、六十一歳の時に危く黄泉の鬼と可相成と存候を、六十二歳ふと考候には、我元来天下を抜渉、山川を巡り櫛風灑雨にて成長候に、今日安逸に過候よりの事と、三月中旬婆と同道し、東海道より大和・紀州・畿内より播州・四国辺まで、百日余旅行仕候」

 幕末の活躍に見られるように、あれだけ強健であった武四郎が五十九歳の頃から病勝ちになり、六十、六十一歳の頃には生死の境を彷徨うこともあったとは驚きである。「自分の面目は元来天下を跋渉すること、山川巡りに成長の糧を求めることにあった」と気づくところは実に武四郎らしく感動的ですらある。
 書簡中に書かれている六十二歳の旅行は明治十二年妻とうと行った西日本旅行のことで、その詳細は稿本『己卯記行』(未刊)に記された。同年に出版された小型本『尚古杜多』は各地で閲覧した古美術品と新獲品を記すのみで旅行の詳細は記されていない。
 この書簡に記されているように武四郎は、明治十二年以降毎年二、三ヶ月の西日本各地への旅行を行い、その詳細を日誌に記した。その日誌を列記すると、十二年『己卯記行』、十三年『庚辰紀行』、十四年『辛巳紀行』、十五年『壬午遊記』、十六年『癸未溟誌』、十七年『甲申日記』、十八年『乙酉紀行』、十九年『丙戌前記』、二十年『丁亥前記』となる。それら日誌は稿本のまま長く東京松浦家に蔵されていたが、戦後、国文学研究資料館史料館寄託を経て、現在は松浦武四郎記念館の所蔵となっている。これらと同名、あるいは類似の表題をもった刊本があるが、そのうち十二年から十七年のものは旅行中の展示会に出展された古美術品、経典、新獲品の一覧や旅行摘記であって、同好の士に配るものであった。稿本と刊本とでは意図も内容も大きな差異があることに注意しなければならない。誤解を避けるために述べると、右は西日本各地への旅行についてであり、このほかに明治十八年秩父旅行を行い『乙酉後記』(稿本・刊本)を、十九年信毛旅行を行い『丙戌後記』(刊本)を、二十年には富士登山を行い『丁亥後記』(稿本・刊本)を残している。

改めて明治十年代の旅とその記録を一覧してみよう

十二年 三月十五日出発  五月三十日帰宅  計七十七日間 稿本『己卯記行』 刊本『尚古杜多』

十三年 四月十二日出発  六月十七日帰宅  計六十七日間 稿本『庚辰紀行』 刊本『庚辰游記』

十四年 四月十二日出発  六月五日帰宅   計五十五日間 稿本『辛巳紀行』 刊本『辛巳游記』

十五年 三月二十六日出発 六月五日帰宅   計七十二日間 稿本『壬午遊記』 刊本『壬午游記』

十六年 三月十三日出発  五月十三日帰宅  計六十二日間 稿本『癸未溟誌』 刊本『癸未溟志』

十七年 三月二十八日出発 五月十八日帰宅  計五十一日間 稿本『甲申日記』 刊本『甲申小記』

十八年 四月十四日出発  五月三十一日帰宅 計四十八日間 稿本『乙酉紀行』 刊本『乙酉掌記』

十八年 十月六日出発   十月十三日帰宅  計七日間   稿本『乙酉後記』 刊本『乙酉後記』

十九年 四月九日出発   五月二十二日帰宅 計四十五日間 稿本『丙戌前記』 刊本『丙戌前誌』

十九年 十月七日出発   十月十六日帰宅  計十日間   (稿本所在不明) 刊本『丙戌後記』

二十年 三月二十二日出発 五月二十七日帰宅 計六十七日間 稿本『丁亥前記』 刊本『丁亥前記』

二十年 八月二十一日出発 八月二十九日帰宅 計九日間   稿本『丁亥後記』 刊本『丁亥後記』

 武四郎のなくなるのは明治二十一年二月のことであるから、このように見てくると、死の直前まで彼の探求心と情熱は衰える事がなかったことがわかる。武四郎に対する「晩年を趣味人として送った」という評価は刊本中心 、古物蒐集仲間の評判からの判断である。先に示した毎年の稿本を検討すればその判断は一新され、旅に生きた武四郎の姿が浮かんでくるにちがいない.。