三雲松浦家旧蔵、現・記念館所蔵の紙本淡彩掛幅です。
縦39.4p×横56.4p。24コマからなっています。
天保14(1843)年、26歳の時、思う所あって九州から蝦夷地に赴く途中、
故郷に立ち寄って甥や姪のために描いたといわれています。
どこが振り出しで、どこがあがりなのかわかりません。1コマ1コマじっくり見て調べたいと思います。
2015.06.15UP