明治期の武四郎の著作について、当サイトは稿本(原稿)を中心に紹介している。刊本中心の読みでは得られない武四郎の姿があるからである。ところが、明治十九年の秋の旅については、稿本が失われ刊本しか残されていない(失われた経緯は不明)。従ってここでは刊本に拠って行程図を作ってみた。
 刊本『丙戌後記』は内題に「丙戌後記 一名信毛十日記」とあるように明治19年10月7日から16日までの10日間の旅行記である。信濃(長野)・上毛(群馬)を周遊している。2017年3月に記念館から発行した『明治期稿本集』に影印を載せているので、関心があればそれを参照していただきたい。

刊本『丙戌後記』挿絵 見開き頁所載の挿絵を貼り合わせ
2017.05.15UP