明治19年、2回目の大台ヶ原登山を終えた武四郎は、木津、粉の本(相賀)を経たのち、上里から大河内川に沿う道をとって大杉谷に入っています。大杉谷に入 って奥定宮を訪れ、道ならぬ道に苦しみ、最終的には現在の桃ノ木小屋の北奥にある不動滝まで調査しました。
 その模様は稿本『丙戌前記』後半に記され ていますので、それに従って武四郎の日程と行程を追ってみます。刊本にもほぼ同内容の記述がされています。稿本は『松浦武四郎大台紀行集』(松浦武四郎記念館)所収、刊本は『松浦武四郎紀行集 中』(冨山房)所収です。
 下掲の挿絵は刊本のものです。見開き2頁のものを貼り合わせました 。

大台ヶ原下山後の日程と行程
(明治19年5月)8日。大台ヶ原登山を終えて12時頃木津に着いて昼食をとった後、銚子川に沿って下る。便ノ山、粉本(現・相賀)を経て、熊野街道を北進して船津村井上藤兵衛方に泊まる。明日以降大杉谷に入るつもりなので案内人を頼んだところ「鳥黐(とりもち)を仕事にしている2人を確保してくれた。
9日出がけに、泊りあわせた虚無僧に亡児亀次郎の供養をしてもらった。新田、中里、上里。ここで左折して大河内川に沿った道に入る。左岸の河内村のあとは何度か川を渡りかえして落合に到る。西の川は坊主あげから、東の川は春日越からの流れである。中の道をとるが、なかなかの険路である。白滝で昼食をとって、水越峠に上り、桑木谷を下りた。(ここで問題になるのは水越峠が現・水越峠かということ。ややこしい同定論議は措いて現・水呑峠を越したのではないかと 推定して下掲の行程図は作りました。)やっと大杉谷(宮川)本流に至ったので左折して遡上する。その風景、言はん方なしである。右岸を数丁行き、奥定宮( 現在の宮川第三発電所〜大日ーの対岸にあったと思われる)に到る。奥定宮は外宮摂社で、摂社回りの祢宜衆は必ずここまで来ることになっている。
奥定宮近くに炭焼小屋があり、ここに泊まる。炭焼きの者は、ここから奥の道はないので引き返せというが、やめる気はないので早く寝て、明日は早立ちすることにした。
10日。未明に支度してほのぐらいなか出立。大岩を飛び越え刎ね越えして、十数丁で千尋滝、かもすけ谷。難所続きを進み、七ツ釜の手前で本流から離れ、不動谷に入り、不動滝まで行ったが、ここで引き返すことにした。 右岸、左岸をまた何度も渡りかえして、ウグイ谷口、桑木谷口、高瀬、瀬戸の堀を越して中定宮に到る。父ヶ谷が本流と合流する地点の少し上である。また少しで奥大杉村(現・大杉)に着き、浅井八重之介宅に宿をとった。
11日。船津からの案内人を帰し、新にこの地の案内人を雇う。数丁で大杉大明神に到る。また数丁で大和谷合流点。ここに口定宮があった。左岸を行くとすぐ久豆村。あとは宮本村、桧原村と宮川に沿って下り、下三瀬で泊。
12日。宮川河端にて荷物船に便乗して、上の渡しまで行き、外宮前の有滝屋に泊る。
13日。両宮に参詣して今次山旅の無事を報告。伊勢在住の何人かと逢う。
 上記あらすじに記したように、奥定宮は宮川第三発電所から大日ーの間の対岸(谷の右岸)にあったと思われますが、今は廃されて姿をとどめてい ないようです。跡を確認するために谷に降りることを試みた事がありますが、軟弱な私にはできませんでした。詳細をご存じの方はぜひお教えください。
武四郎の記述に従えば、中定宮は父ヶ谷合流点、口定宮は大和谷合流点近くにあったかと思われますが、どちらも今は廃されて宮川貯水池の底に沈んだと思われます。
明治の神社整理の際、この3社は他の神社とともに合祀されて、若山地区近くにある定神社(佐田神社とも)となりました。定神社についてはこちらをご覧ください。
http://kyoka.mie-jinjacho.or.jp/shrine/%E5%AE%9A%E7%A5%9E%E7%A4%BE/
下掲地図に三社が合祀されている若山谷の定神社と口定宮推定地を示しました。武四郎の行程、三社位置の推定に間違いや問題があれば、また詳細な情報をお持ちであれば是非お教えください。、

若山谷に鎮座する定神社

大杉に鎮座する大杉明神
木津から大杉谷不動滝までどう歩いたか、その行程図を作る上で現在の紀北町側からどの峠を越えて大杉谷のどの辺りに入ったのかが分かりにくいです。案内人を2人雇っているので大丈夫だと思いますが、「水越峠」を越えたというのが気になります。水越峠を越して水越谷を下れば、千尋滝近くに出ますが、奥定宮と思われる所のかなり上流となります。また桑木谷に入るには水呑峠でなければなりません。あれこれ考えて一応上掲の行程図を作りました。その際ヒントになるのが2005年11月 、2008年2月の「もぐらもち新聞」BBSのzippさんとのやりとりなので、改めて熟読して参考にしました。元画像を失ったので画像拡大はできません。あしからず。
2005.11のBBS  
1907.再び、大杉国見山。山頂を踏む。  
名前:zipp    日付:11月20日(日) 22時23分
  先週に引継ぎ、集落跡からの道を辿り大杉国見山に行ってきました。
道は、集落跡の段々畑があったような石積みを抜ける道(今はソマ道)からはいりました。尾根に抜ける道は見つけられないので、ソマ道外れて植林と自然林の間を尾根に抜け、あとは尾根道。
 1000mを超えると、木の北側に雪が降った形跡。大台ケ原の稜線は霧氷だろう真っ白。

 国見山は、その名だけあって、大峰、大台、熊野灘、宮川沿いの山々、奥の迷峰(千石山)から以南の台高主稜線が見渡せる山でした♪
山頂は、岩に登れば台高北方面が見えるが、木々が繁っていて、山頂手前のちょっと哀しい父ヶ谷の伐採あとピークは展望がいいです。知らぬ間に1.5Hほど過ごしてた(^^;

 帰路は往路の東尾根を名残惜しく辿り、781.8三角点手前を鉄塔巡視路を辿り大和谷林道へ。(茶色の線で先日のもぐらもちさんに借りた地図に書き込んでみました)

 
1908.Re: 再び、大杉国見山。山頂を踏む。
名前:もぐらもち    日付:11月20日(日) 23時13分
  こんばんは。
国見山情報、ありがとうございます。
尾根に上がるまでがたいへんなようですね。

今日は飯高の谷をめぐって滝と紅葉を見てきました。
布引谷に少し入り、写真のような大きな滝に出逢いました。
滝の名、今のところ不明、御存じでしたら教えてください。
中は宮の谷林道沿いの紅葉。
宮の谷では右写真のようなものを見つけ少し登ってみました。


 
1916.Re: 再び、大杉国見山。山頂を踏む。
名前:zipp    日付:11月22日(火) 22時23分
  今回は、尾根に上がるのは大変じゃなかったです。今回はほとんど道(尾根道も含めて)を歩いてます。

 わたしも、宮ノ谷に行った時、Trailさんに教えて頂いたこぶし平の印、確認してきました。わかりにくい印でしたね(^^;
 布引谷の最初の滝の名前なんて云うんでしょうね?
サッチモさんとこ(http://mienotaki.raindrop.jp/)に見当たらなかった記憶が…。

 画像は、国見山から見た仙千代ヶ峰方面(南亦山も写ってます)、ブナと紅葉、カヤランを見つけました。


 
1917.Re: 再び、大杉国見山。山頂を踏む。
名前:もぐらもち    日付:11月22日(火) 23時8分
 こんばんは。
『宮川村史』によれば、昔の口定・中定の位置は上の地図の所にあったようです。
1956年の宮川ダム完成により湖底に沈んでしまいました。


 
1918.Re: 再び、大杉国見山。山頂を踏む。
名前:zipp    日付:11月22日(火) 23時34分
>『宮川村史』によれば、昔の口定・中定の位置は上の地図の所にあったようです。
宮川村史、読んでいます。
読んだ記憶では、父ヶ谷の出合でもぐらもちさんの印したトコだろうと思いました。しかし大正時代の地図には父ヶ谷の出合い付近には鳥居マークは無いのです。
 宮川村史に寄ると、ダムに沈む以前に奥・中・口の定神社を統合して一つの社として奉り、その後ダムにその神社もダム湖に沈み、今は宮川村の別の地に佐田神社として奉られていると記憶しています。


 
1919.Re: 再び、大杉国見山。山頂を踏む。
名前:zipp    日付:11月22日(火) 23時46分
 わたしは、山行を行うにあたってわたしができうる限りの情報を集めて山に出かけてます(^^;
 インターネット検索は簡単にできるし、それ以外も色々と(^^)
だって、もったいないじゃん!歴史や自然誌や動植物色々見逃さないように山行してます、アンテナいっぱいつけて山を歩いてるワタシです(^^;


 
1921.Re: 再び、大杉国見山。山頂を踏む。
名前:もぐらもち    日付:11月23日(水) 6時46分
  

> 奥・中・口の定神社を統合して一つの社として奉り、
桧原と久豆の間の若山谷にあるのがそれでしょうか。
奥定跡は大杉谷大日グラの対岸にあるようですね。
昔は右岸に道があったのでしょう。
武四郎もその道をとっています。

昨日(11/22)は青田発電所近くに車を置いて万才橋まで歩いてきました。
確かに「万才」橋でした。
ナメラ山登山口と思われる所、岩屋口山登山口も確認してきました。
目当ては林道沿いの滝と紅葉だったので山には登りませんでした。

051114
1896.大杉国見山、廃村からの道探し  
名前:zipp    日付:11月14日(月) 23時47分
  宮川ダム(1957年完成)ができる前の地形図、もっと新しいのを手に入れたいんだが手持ちの地形図は、大正2年大日本帝国陸地測量部発行の「大台ケ原山」(1/5万)地形図。
その地図を見るとダムで沈む前、大杉の集落は宮川の左岸に道路があり集まっている。右岸には大杉神社ぐらいしか構築物は無いようだ。集落には神社マークがあり、奥・中・口とあった定神社の中定神社
だと推測する。
 そして愕くべきは、この集落から国見山東尾根を通り山頂迄、破線の道が描かれていることだ。
この地図には、集落の目の前にある小森山への道も描かれていないのに関らず…。
全国各地にある国見山という名称の山は、見晴らしの良い場があり何らかの社会的な要請などもあり、それなりに登られる道のある人臭い山なのかもしれないと思う。興味深い道だ。

 大和谷銀橋南詰から湖畔道を大杉嘉見集落跡から、上記国見山への道探しに行ってきた。
尚、現在よく登られている大杉国見山への山道は、大和谷発電所手前から鉄塔巡視路を通って国見山東尾根1019Pに登る道のようだ。以前のエアリアマップには、大和谷の地池谷出合の国見山北尾根に山道が示されている。
 宮川村によって整備されたらしい湖畔のハイキング道を小滝を見ながら大杉嘉見集落跡。
人家跡らしい石組みがダム湖から山に続いている。山(植林)にある石組みは段々畑だろうか。柿の木や黄色く黄葉した桑の木。ビンや陶器のカケラ…。半世紀前の人が棲んでいた跡だ。ただ、今も山の手入れに、シキビ山のシキビを採りに人が訪れてられるようだ。
ここは、左前方に小森山を見る南に面した暖かな場所で空も広い。人が住んでいたのも頷ける場所だ。
 湖畔道を進み善平谷、この谷には、少し入れば「薬師滝(栃滝?)」25mがかかる。昔の国見山道は、この谷を通り過ごした地点から、この滝上部を通って国見山東尾根に上がると地図を読んだんだが…。
湖畔道をプラ階段が横切っている。鉄塔巡視路のようだ。船で乗り付けて巡視路を回るのだろう。巡視路を登るが右に行く分岐は無く、どんどん左に巻いていくので、堪らず中腹を右に登るが谷川に出ると岩で左に追いやられながらも急斜面岩場を登っていくとまだ新しい植林ネットに突き当たった。他に上部がネットで覆われた若木の植林林。この時点で旧道を辿るのを諦め、ネット沿いの急斜面を登る、シカの足痕も続いていて、ネットに角を絡めた死体に遭わないことを祈る。しかし相変わらず急斜面。ネットは岩陵を巻く様に下がるが、そのまま上に。足場もクソもないようなところを動物の足痕頼りに木を掴んでよじ登るが、ホトホト参り、もう撤退!と座れそうな岩でオニギリ頬張り復路をどうしようかと地図を見る。メシを腹に入れたせいか、地図の等高線の混んだところをもう50m登って尾根の鞍部に出て鉄塔巡視路を湖畔道に下りようと、またよじ登り再開!
 尾根に乗り鉄塔に出ると、思わぬ石灰岩の大岩がゴロゴロした気持ちのいいコバ。照葉樹が多かったがここだけ落葉樹が繁り黄葉している。周辺を探索し、湯を沸かし二度目の昼食(^^;
この風景とメシを腹に入れたら、このまま降りるのは惜しくなり、鉄塔巡視路を通って東尾根に折りことに変更する。尾根道を辿ると左手からとても滝の音とは思えないような凄い轟音がする。しかし父ヶ谷の鎌滝の音がこんなに響くのだろうか、凄まじい濁った音だ。
 東尾根分岐、もう少し登れば1019P。やっぱ誘惑に負け分岐を左に上ってしまう(^^;; 1019P鉄塔からの望めもウグイ谷ノ高、台高主稜線の山々、大台ケ原も見渡せ絶景かな。
1019P三叉路、大和谷発電所への巡視路には、今までの道にはひとつも無かった登山テープが張られている。この道を下山に使うことにする。テープはところどころ無くなるが、巡視路は安定していた…、がっ、ゲロゲロ!植林林の中腹で大規模な山崩れで消えていた!巡視路を地図の鉄塔のあるところを見て予想して降りる。何とか巡視路に遭えたが、この辺りはー地帯(地図にも現れないものが多い)で前に進めなくところもあるので注意が必要だ。林道が見えたところで谷が崩れて土砂に埋まっているが、なんとか林道に降り立ったのは16時過ぎ、アクシデントはあったが予想よりは早く降りられた、ふぅ〜っ。

 画像は、湖畔道から船着場の現在の大杉集落。父ヶ谷のX字谷と台高主稜線、左三角山はウグイ谷高。紅葉。


 
1898.Re: 大杉国見山、廃村からの道探し
名前:もぐらもち    日付:11月15日(火) 9時58分
 zippさん、こんにちは。
廃村予想、大ハズレでした。
考えてみれば、zippさんの関心が池木屋から南へ転じていくのは必然でしたね。
バーチャル登山のし直しに一晩かかってしまいました。
鳥瞰図は小森山上空300mからのものです。

> この集落から国見山東尾根を通り山頂迄、破線の道が描かれている
1970版の日地地図所載のものと同じようです。
地形図に書き込んでみました。
この登山口あたりが廃村「大杉嘉見集落跡」ということですね。


 
1899.Re: 大杉国見山、廃村からの道探し
名前:zipp    日付:11月15日(火) 22時41分
  へぇ、もぐらもちさん、日地の地図には破線が描かれていますか。登山道ではなく地形図から写した破線ですよね?
 わたしの持っている81年のエアリア、故仲西さんの大台ケ原・大杉谷1/4万には、破線も描かれていませんでした。北尾根の登山道が赤の破線で描かれています。
 帰ってきて再度明治の地形図と照らし合わせた結果、そのニッチの地図辺り(もう少し東かな?)に昔の道の入口があるらしいことがわかりました。
いまのダム湖のある地図と昔の地図、縮尺の違う地図を読み間違っていることがわかりました。今回わたしの通ったルートを、もぐらもちさんの地図をお借りして緑線で描いてみました。

 宮川村の薗川上流、龍燈不動滝上流の廃村「龍燈」ですが、地図でも読めますが広い平地の植林林です。石積みや石垣が残っていました。現在は、どうもオフロードバイクの練習場?見たいになっているようです。…と云っても不動滝までの道も崩壊しるので使われてないようですが…。

 嘉見の集落跡あたりから見るウグイ谷高は、異様な山容をしていてビックリしました(見えるのは山頂ではないですが)。


 
1901.Re: 大杉国見山、廃村からの道探し
名前:もぐらもち    日付:11月15日(火) 23時27分
 

私の書きこんだルート図はあまりよくなかったので、原地図をスキャンしました。
ご覧あれ。

08021
大河内川・白滝でお地蔵さん探し…  投稿者: zipp 投稿日:2008/02/12(Tue) 22:03 No.2938

 
 10日、わたしも南下していました。
9日の雪は大台辺りが一番積雪が多かったようでした。いつもよく積もる大内山辺りは少なかったですね。

 南下したのは、嘉茂助ノ頭に登るつもりだったんですが、どうもモチ上がらず(時間が遅くなってしまったのと予想より積雪が少なかった)、大台林道を八町滝の見えるところまで上がって降り、往古川散策(^^;
 その後、懸案だった大河内川の白滝で、武四郎が見たと云う御地蔵さん探しでした。
大杉に抜ける県道の白滝橋あたりは、砂防が出来てしまい白滝がどれだか見当が付きません。いまでは出合に落ちる滝がもっとも滝らしい滝です。
白滝橋から下流は、以前見ているので上流を見てみました。
 上流側にも砂防があり、白滝橋周辺には滝らしい滝はありません。
しかし、砂防を抜けると見事な連瀑帯が現れました。8m〜15mの滝が7本、その間には5m以下の滝とナメ。地形図からは想像できない連瀑帯でした。
 最後の12m滝は、連瀑帯からは連続していませんが見事なものです。12m滝を登るとまた砂防が現れ、連瀑帯は砂防でサンドイッチされててちょっと哀しいですが…。

 でっ、結局お地蔵さんは見つけられませんでした。
砂防工事、県道工事で、お地蔵さんを別の場所に安置した可能性もありますが、県道周辺にはありません。
武四郎が大杉へ越した旧道は、この白滝(谷)沿いにあったはずですが、連瀑帯の手前の炭焼き釜までは右岸に道型は残るも、その先が不明でした。

 この思わぬ連瀑帯はちょっと発見でした(^^)。

 

 


 

 
Re: 大河内川・白滝でお地蔵さん探し…   もぐらもち - 2008/02/12(Tue) 23:42 No.2939   HomePage

 
こんばんは。
白滝探し、ご苦労様です。
稿本『丙戌前記』によれば、
上りつめて掌を立たる処一条の滝のかゝる有。是を白滝と云。・・・此滝、地池山の南東面になるなり。右大岩の下に石仏一体有。休ふて飯す。此処を過れば水なしとなり。一望尾鷲の沖より曳本を見る。五六百歩にして南峠と云に到る。是を水越峠と云。
とあります。
「水なし」は飲用の水の意か流水の意かよく分かりませんが、出合辺りではなく源流域だからでしょう。
水越峠から五六百歩下ということになると距離にすれば二三丁でしょう。
道筋としてはzippさんの歩かれた谷に間違いないとすれば、最後の12m滝が一番可能性があるのではないでしょうか。
などとバーチャル滝見をさせていただきました。
 

 


 

 
Re: 大河内川・白滝でお地蔵さん探し…   zipp - 2008/02/13(Wed) 23:05 No.2942

 
 もぐらもちさん、こんばんは。

 「地蔵」とは書いてられませんでしたね、「石仏」。
 きょう、大正2年の地形図を取り出してみたら…、またオツムを悩ませることが書いてありました。

 わたしは、武四郎一行は、大河内川から大杉・桑ノ木谷に抜ける道を通ったんだと思っています。「南峠」は菅ノ峠、「北峠」は水呑峠のことだろうと。
 それともうひとつ、県道に表示されている「白滝橋」の地名。これをハナから信用し、大河内川の枝谷の地名表示のあるあたりに白滝があったのだろうと思ってました。

 でっ、地図を2枚貼ります。明治末に測量し、大正2年の地図と現在の地図です。
少しわかりにくいですが、現在は不動滝と呼ばれている滝に「白滝」の表示があります。その白滝は通過せずに大河内川の枝谷から水呑峠へ抜ける破線道が読み取れます。
 それにもう一枚、不動滝の近くにある不動明王と石仏です。
岩の洞に祀られているわけですが、この場所は大杉森林鉄道を敷設する時、削られた岩崖のところ、線路脇なので、本来は別の場所にあったのではないかと思います。

 …結局結論は出ないのですが(^^;、とりあえずご参考に。

 
 

 


 

 
Re: 大河内川・白滝でお地蔵さん探し…   もぐらもち - 2008/02/14(Thu) 00:27 No.2943   HomePage

 
こんばんは。
地形図を見ながら『丙戌前記』の稿本・刊本をつきあわせているのですが、よく分かりません(稿本・刊本で齟齬する所があります)。
今まで、白滝(=不動滝)を見た後、インクラ谷あたりを登って南峠(=水越峠)を越えて水越谷に降りた、と見ていたのですが、これだと北峠はどこかということが分からなくなります。
稿本によれば、
白滝――<五六百歩>――南峠――<四五丁>――好展望――<四五丁>――
北峠――<二十丁+五六丁>――釜滝――<十丁>――藤のさん――<六七丁>
――水越谷落合――<五六丁>――奥定宮――<十七八丁>――千尋滝

とあります。
これは、南峠=菅ノ峠、北峠=水呑峠として、その後zippさんが当BBSのNo.2790でレポされている中腹道をたどり、キヨラ谷を水越谷と見るとだいたい合いそうにも思います。
今言う水越谷では千尋滝に近すぎます。
奥定宮の位置も問題になるので、前にとったメモを探したのですが、見つかりません。
これがわかればもう少しはっきりするかなと思います。
 

 


 

 
Re: 大河内川・白滝でお地蔵さん探し…   zipp - 2008/02/14(Thu) 22:44 No.2946

 
 こんばんは。
 大正の地形図の「白滝」は、誤表記ということも考えておいたほうがいいかもと思います。

 この大正の地図にある破線道を辿って、水呑峠を越え桑ノ木谷を降り、宮川本流右岸を奥定神社へ辿ったと考えるのが妥当だと思います。
「水越峠(谷)」で惑わされちゃいますが、稿本にあるとおり、
「水越谷と云は水越峠に行が故。また桑の木谷とも」
と書かれていますから。
 奥定神社は、上に張った大正の地図にも表記があるとおり、いまある第三発電所の対岸辺りです。

 そうであるならば、白滝は、NO2938に貼った最初の滝がくさいなぁ。
この滝は連瀑帯と少し離れた先日見た最後の滝。もっとも型のいい滝。大正の地形図の破線道を見ても、連瀑帯を避けて左岸山腹道を辿っていた道もこの滝の辺りで谷に合流しているし。
ただ、石仏や道型は見なかったが。滝上には砂防があったせいか…。


 11日は北部台高、赤ゾレ山・馬駈ヶ場でした。青空にたっぷりの雪で満足山行でした。
木梶林道は、キワラ滝辺りに停めて、林道をスノーシュハイクができますよ(^^)。
 田引のユキワリイチゲ、ヤブの中に蕾もあり、開花しているものもありました。

 
 

 


 

 
Re: 大河内川・白滝でお地蔵さん探し…   もぐらもち - 2008/02/15(Fri) 00:03 No.2948   HomePage

 
こんばんは。
詳しく記していただきありがとうございます。

> この大正の地図にある破線道を辿って、水呑峠を越え桑ノ木谷を降り、宮川本流右岸を奥定神社へ辿ったと考えるのが妥当だと思います。

ということになるんでしょうね。
奥定が三発の対岸あたりにあったとすれば、距離的にも合うように思えます。
zippさんの探査、まだ続くのであれば続報をお願いします。

今日はグループ山行に備えて様子見でした。
月出の里は吹雪いていました。
明日、ここを通って登山口まで行けるだろうか、と思案しています。
ダメな場合は局ヶ岳に行き先変更です。
2015.05.20UP