明治13年の稿本『庚辰紀行』の終わりの方に、彼の古物蒐集法をめぐって印象深い話がふたつ記されている。一つは伊勢国三重郡泊村から出土した古鈴について、一つは橘諸兄像の入手についてである。
まず鈴の話。天保13(1824)年、伊勢国三重郡泊村から石棺が発掘され、中から古鈴3個と勾玉若干が出てきた。報らせを受けた紀伊藩白子代官所は志賀八十右衞門なる人物を検使として派遣した。八十右衞門が着く前に勾玉は紛失をし、古鈴のみが代官所に引き上げられ、国元(紀伊)の藩主のもとに送られた。当時の藩主は11代の徳川斉順(なりゆき)であったが、3個の古鈴は一位様といわれる前藩主の治宝(はるとみ)、附家老であり新宮藩主の水野氏、もたらした志賀氏に贈られた。このうち水野氏に贈られた鈴は回り回って明治初年に武四郎の蒐集物の一つとなったのであった。それが下掲古鈴の絵のうち右のもので、『撥雲余興 第一集』(明治10年刊)に載せられた。前藩主のものの行方は武四郎に不明であったが、志賀氏のものはそのまま本人の手許にあることを知った武四郎は2度にわたって人を介して委譲を申し入れたけれど、叶わなかった。
 『庚辰紀行』の旅の終わり頃、紀伊路をとっていた武四郎は和歌山の街に立ち寄り、志賀氏に直接交渉したところ、志賀氏は彼の熱意を愛でて快く譲ってくれることになった。それが下掲 左の図で、『撥雲余興 第二集』(明治15年刊)に載せられた。
  
もう一つの話は橘諸兄像をめぐってである。大峰奥駈けと熊野三山めぐりの旅を終えた武四郎は、大阪・京都で古物愛好家の小集(古物展示会)に呼ばれ参加した。参加者と出品物は刊本『庚辰游記』に詳しいのでそちらに譲って、ここでは京都で行われた模様を紹介したい。
京都の小集は6月8日、尚古会として二条善導寺にて催された。出品、参加者は前年に増し盛会となった。出品物のうち特に彼の目にとまったものは水茎氏出品の橘諸兄卿の像であった。これまた人を介して委譲を申し込み、旅宿でいい返事を待ったけれど、うまくいかなかった。あきらめて翌朝京都駅から大津へ行くべく、汽車に乗りかけたところ、慌ただしく一人の婦人が駆け込んできてこの像を彼に手渡したという。もたらした婦人にそれなりの金を渡し、彼は東京に向かったのであった。
この図は『撥雲余興 第二集』所載で、河鍋暁斎に描いてもらったものである。
諸兄像は涅槃図にも描かれている。
 

2016.03.15UP