武四郎は江戸−蝦夷地の間を何度も旅をしました。
その道中を双六の形で案内するものです。
東京松浦家旧蔵、現・記念館所蔵のもので、元治元(1864)年の刊行と思われます。
縦37.5p、横74.3pの和紙に刷られています。

袋付きです。
「ヨコハマ」より「エトモ」までの絵が描かれています。 

千住                                                    振り出し
 
越谷                                     草加
 
幸手                          きれ戸                       粕壁
 
小金井  新田  小出          野木 間々田 古河             中田       栗橋
 
宇都宮                                   雀宮                      石橋
 
佐久山                  喜連川                 氏家                  白沢
 
芦野                            越堀  鍋掛                    太田原

 矢吹                                               白川(白河)              白坂
続く 
 
あがり