新板蝦夷土産道中寿五六
 
双六は旅の疑似体験です。武四郎が双六を好んだ理由はここにあります。
ここに紹介するのは元治元(1864)年ごろ発行した彩色の『新板蝦夷土産道中寿五六』です。
武四郎37歳、すでに結婚しており江戸住まいでした。
6回の蝦夷地探検を記念したもので、売り物ではなく、「不売不鬻以貽同志」とありますから、
袋と熨斗付きで有志、知人に配られました。
東京松浦家旧蔵、記念館現蔵のものです。
絵は「多気志楼主人」即ち武四郎自身が描いています。
右下の「箱館湊」が振り出しで「のの字」回りで各地を回り、
「奥ふかき千島のはて」(エトロフ」が上がりになっています。
紙面は縦37.5p、横50.5pの遊びやすい大きさです。


袋は「蝦夷土産道中双六」と題され、夷酋列像のうちの一人シモチが描かれています。
シモチはアッケシの脇乙名でした。熨斗を付けているところに彼のあつい思いが表れています。


振り出しの「箱館湊」です。


上がりは「奥ふかき千島のはて」でエトロフのことだと思います。
2014.11.01UP