『婆心録』は幕政に深く関わり、「寛政の改革」を断行した松平定信の著述である。武四郎の自伝(嘉永4年条)によれば、この書を江戸の古道具屋で見つけ、「婆心録てふものは頗る世に有益の書なりければ我上梓して友人に送りし」ものだという。となれば、復刻の時期は嘉永4(1851)年ということになるが、この書の跋(後書き)には「天保甲辰初夏日/伊勢多氣志楼主人謹誌」(下掲右図)とあり、7年前の天保15(1844)年のこととなっている。伝記資料では、どちらに基づくかによって二様の記述が見られる。
天保15年は12月2日に弘化と改元されている。当時武四郎は蝦夷地探検を志し、一旦故郷に帰り伊勢参宮を終えて、本州北端に向かっている頃で、江戸にはいなかった。一方嘉永4年は、私人として3回の蝦夷地探検を終えて、江戸に帰り、『初航・再航・三航蝦夷日誌』『鹿角日誌』『壺の碑考』の執筆、『新葉和歌集』『表忠崇義集』『断璧残圭』の復刻をした時期でもある。従って『婆心録』の復刻の実際の時期は嘉永4年なのであるが、跋には天保15年と記した。この齟齬はどうして生じたのか。うっかり間違えてしまった、わざと数年前のこととした、版だけ作ってあったものを数年後に出版した、などいろいろ推測できるが、これは「眼眩まし」のためにわざとやったことであった。

『婆心録』表紙 「波に心」字は「婆」の異体字              『婆心録』跋 
上記の「眼眩まし」を解くカギは、 右掲の(嘉永4年5月)15日付松浦佐七宛書簡にある。次のように記している。
一 婆心録一部、此度上梓仕候、是者松平越中守様御著述ニ而珍敷御座候、然し願無内証ニ而仕候間、年号者古く附置申候
「願無内証」の地下出版なので年号を古くした、というのである。一種の「眼眩まし」である。もっとも「頭隠して尻隠さず」のところがあって、「多氣志樓主人」と自署しているから、蝦夷地探検家として有名になりつつあった武四郎であることはバレバレであり、官学から指弾・糾弾を受けることとなる。権威ある官学に言わせれば、何の断りもなく処士の分際で、しかも徳川家につながる楽翁 (松平定信)の著述を復刻するとは何事だというのであろう。見つかれば捕縛・投獄の憂き目に遭ったかもしれない。
自伝には、
林大学頭と塙次カなる腹ぐろきものゝねたみを受て度々あやうき事ありし
と記されている。 嘉永4年当時の大学頭(昌平黌長官)は、有能な外交官でもあった林復斎ではなく甥の林壮軒(嘉永6年死去)であった。塙次カは塙保己一の四男の塙忠宝のことで、林大学頭の支配下にある和学講談所を経営していたが、文久2(1863)年12月、伊藤博文・山尾庸三に襲われ死亡した。
結論としては、『婆心録』復刻は嘉永4年のことであるが、眼眩ましのためにわざと「天保15年」と記したものであることが分かる。

2019.02.16稿