幕府の蝦夷地再直轄

 安政二年(一八五五)、幕府は蝦夷地を再直轄することとした。太平洋岸は木古内、日本海岸は乙部村を境界線とその以北の全島を直轄としたのである。翌年には箱館奉行を置いて松前藩からこれを受領した(当時ハコダテは箱館と書いた)。当時、幕府内には蝦夷地開拓をめぐって、水戸藩主徳川斉昭の急進論と目付堀織部正や勘定吟味役村垣範正らの現実論とがあった。斉昭は前々から蝦夷地経営に心を寄せており、松前藩のような弱藩に蝦夷地を委せていては国の将来を危うくするから自分に経営を委せよ、と幕府に迫っていて煙たがられていた。彼の意見は、ロシアの南下政策に対抗するために、樺太・エトロフ・クナシリの三箇所の警備を第一として、ここを拠点に開拓を進めていくというものであった。これに対して堀・村垣の意見は、箱館の警備も十分でないのに、奥蝦夷地の諸島まで一時に整えるのは容易ではなく、奥蝦夷地ばかりを開拓していては多額の費用がかかるではないか、というものであった。松浦武四郎はそのどちらとも親しく、蝦夷地に関する詳細な情報を提供していたので、政策としてどちらがとられてもスタッフとして採用されたであろうと思われる。急進的か現実的かの違いはあったが、ロシアの南下政策への危惧、松前藩転封、幕府直轄という点では同じであった。
 結局は堀・村垣の現実論が取り入れられて、箱館奉行が作られることになった。奉行の下に組頭・調役・同心などの組織が作られ、ほかに通訳・在住・雇・雇医師などがいた。武四郎は、組頭向山源太夫のもとで働く「雇」という下吏でしかなかったが、水を得た魚のように仕事に打ち込んだのである。 彼の仕事は、向山組頭のもとで蝦夷地受取の手付けをするとともに、新道開削の見込みをたてることであった。新道開削の願いは初航以来のもので、下吏とはいえ何としてもやりたい仕事だった。松前藩時代は、その蝦夷地秘匿政策から新道は一切拓かせない、それどころか自然に人々が踏み固めた道も閉鎖するということもあって、アイヌの人々は生活上困っていたのだった。

幕吏として

 武四郎の、幕吏としての探検は、安政三年(一八五六・丙辰)、四年(丁巳)、五年(戊午)と三回にわたった。丙辰の探検は、向山隊の一員として樺太にわたっている。再航の時通った道筋なので、途中ときどき隊から離れ、川を遡行し、山越えをして新道開削の見込みに当たった。その土地、その土地でアイヌの人に道案内を頼んだりはしたが、道なき道を行くのだから難渋は一通りではなかった。フトロではホンアキやイタキシベ、セタナイではシイヘシ、シマコマキではホリペ、というふうに足達者なアイヌの人々が案内してくれた。彼らは武四郎に自分たちの使っている地名・川名・山名やその名義、土地の伝説などをこと細かく話してくれた。そして最後はアイヌの置かれている境遇、過酷な労働や人口の激減について語るのが常であった。丙辰の探検を中心にまとめた『西蝦夷日誌』二編に次のように記して感懐の和歌を付している。

「川村のシャモテンと云へる者我に用ありとて来り、種々土人の難渋を話しけるが、すこぶる其の談話中嘆くべきことあり。翌日隊長は船にて出、我はホリペと云ふを一人連れ、出立し、道すがら土人の遣り方を聞きてひたすらに袖を湿したり。心せよえみしも同じ人にしてこの国民の数ならぬかは」

 奸商の酷使によって人口が激減したというのである。武四郎は、その話に袖を濡らしただけではない。事実を調査し、また上司にも報告をして善処を要望している。調査の結果、「文政五年改、三十一軒、百二十八人、男六十八人。安政元改、十一軒、三十四人、男二十五人、女九人。」ということがわかった。これは単なる数字の羅列ではない。松前藩統治下でアイヌがいかに過酷な労働に従事させられていたかを語っているのである。

 自伝によれば、この時話を聞いたのはホリペからだけではなく、同所のアイヌ数人からも同様の話を聞いている。武四郎のことを聞きつけたアイヌの人たちがスツツまで追っかけてきて、口々に訴えたのである。その夜、武四郎さんは隊長に「シマコマキ土人共直訴に附申上書」という報告書を書いている。それによれば、シマコマキからスツツの領分に入ったところで、シマコマキのアサリンカ、リクニンリキ他二名が走ってきて熊笹の葉などを敷き詰めて自分たちの着ていた陣羽織を脱いで敷いてこの上に座ってくれと言ったという。彼らの訴えは、今までの場所請負商人によって酷使されたため若い者も死ぬことが多く、また独身の女性も少ないので自分たちの子孫は絶えてしまうかもしれない。何とか子どもたちがふえるようにしてもらえないか、今まで同じことを支配人や通訳に訴えたこともあったが、かえって憎まれて荒縄で縛られて梁に吊るしあげられて痛めつけられたこともある、というのである。武四郎は彼らから聞いた話を詳細に紹介したあと、「右の次第に御座候間、其の大略並びに彼ら悲嘆の趣はなにとぞ御再考の上、土人共立ち行き候様、御処置の程、偏に願ひ上げ奉り候。」と結んでいる。松浦武四郎が今なおアイヌの人々に愛され慕われているのは、彼がこのような温かい人道的精神の持ち主であったからであろう。


2003.04.01UP