蝦夷地請取の手付

 安政2年、幕府は蝦夷地直轄の方針を固め、箱館奉行として堀織部正・竹内下野守を送り込んだ。松前藩からの蝦夷地請取のため、西蝦夷地には箱館奉行組頭向山源太夫が、東蝦夷地には河津三郎太郎が遣わされた。
 松浦武四郎は、同年12月25日「幕府御雇入」を仰せ付けられ、翌3(丙辰)年2月6日江戸を出立。3月5日には箱館に到着した。8日、向山源太夫の手付を命ぜられ、蝦夷地請取のため西蝦夷地・樺太に赴くこととなつた。

扈従記録3編

 この時の扈従記録が、第1部=箱館から宗谷に到る『按西扈従』、第2部=樺太紀行の『按北扈従』、第3部=宗谷から東海岸を回る『按西(北海岸)按東扈従』である。もっとも、この旅の途次、宗谷で組頭の向山源太夫は急死したので「扈従」の名を冠するのは適当でないかもしれないが、彼自身「此度の行は隊長手付の役を蒙り申候義に御座候得ば」三編ともこの名を用いたとしている。
 この扈従記録3編は「松浦武四郎関係歴史資料目録」で『丙辰日誌』とされていて、この目録によれば、国立史料館に二種類のものが蔵せられている。1種は小豆色蜀江文空押の表紙をもった32冊本、1種は共表紙・仮綴で上中下3編に分けた31冊本である。この日誌は他に箱館奉行所の角印の捺された北海道大学蔵本のものがあり、高倉新一郎解読『竹四郎廻浦日記』として昭和53年に刊行されている。
 武四郎は、行程とは逆順に、安政4年2月7日付で「按西(北海岸)按東」の日誌を、3月14日付で「按北」の日誌を、4月21日付で「按西」の日誌を報告納本しているが、これが高倉氏解読本「解題」に記されたような経過をたどって北海道大学の所蔵するところとなったと思われる。一方、国立史料館蔵のものも自筆本であり、武四郎が控として手元に残したものと思われる。

蝦夷地一周

 安政3年3月29日箱館をたった武四郎たちは、日本海(西海岸)沿いに、請取の手付と新道開発のための探査をしながら、5月19日宗谷に達した。ここまでが第1部の『按西扈従』の旅で、第2部『按北扈従』は宗谷から樺太のシラヌシに渡り、東海岸のクシュンコタンからさらにはコタンケシ、シスカまで行って引き返し、マーヌイから西海岸に越え、ライチシカに達して、シラヌシ、宗谷と戻ってくるまでを記している。宗谷へ戻ったところで隊長の向山が病没する。
 8月16日、武四郎たちは宗谷を出発し、隊長の遺骨を抱いて旅を続けることとなる。オホーツク海岸から斜里に出、山越えして標津から太平洋岸を通り、10月13日箱館に帰着した。この部分が第三部『按西(北海岸)按東扈従』である。当時札幌辺からシレトコを結ぶ線の左上半分を西蝦夷地、右下半分を東蝦夷地(カラフトを北蝦夷地、松前を中心にした渡島半島の部分を松前地)と呼んでいたから、第3部のはじめ3冊は『按西(北海岸)扈従』と題され、その後が『按東扈従』6冊となっている。
 武四郎は、当初網走から阿寒越えで庶路川へ出る新道開拓の見込みをつける等の計画を持っていたが、遺骨扈従を優先させたがため海べりのコースが中心となった。そのため第3部は、それまでのような単独行動の探検的な記事はあまりなく、地理地形の描写も通り一遍のものとなるが、その代わり土地の人々の苦しい生活状況、強制労働の実態、老人や子供、病者の状況と扶養の必要を念入りに書き取っている。特に集落ごとに各戸の人別・名前を調べ上げ、過去の調査とつきあわせているのは驚嘆に値する。人口の減損の原因はどこにあるのか、それを武四郎は為政者に問いかけている。当時武四郎は箱館奉行支配下の一下吏に過ぎなかったが、蝦夷地政策は何を根幹とすべきかをすでに持っていたのである。

『丙辰日誌』の刊行

 箱館に帰着した武四郎は、その報告を箱館奉行に提出すべく直ちに日誌の浄書に取りかかったが、11月中旬病床に臥し、12月には辞世を布団の下に敷き置くほどになってしまった。年が明けやっと快復し、旅程とは逆にこれらの『扈従日誌』を浄書の上、提出した。その報文には箱館奉行所の角印が捺され、最終的に北海道大学の蔵本となった。一方武四郎が手元に残した控えは東京松浦家から国立史料館への寄託本として蔵されている。松浦孫太翁は昭和6年にこれを解読筆録され、その稿本はながく東京松浦家に伝わっていたが、平成7年、他の多数の文書とともに松浦武四郎記念館に寄託されるところとなった。松浦武四郎記念館は独自の事業としてその刊行を企図し、すでに『按西扈従』『按北扈従』を刊行し、『按西(北海岸)按東扈従』の方も平成12年度末発行された。これで『丙辰日誌』三部は完結した。
 記念館に寄託された孫太翁の解読文書は全部で166点に及ぶ。孫太翁としては刊行の願いがあったとうかがわれる上、資料としても貴重なものなので他の文書も刊行が待たれるところである

『丙辰日誌』

  内容・頒価等の問合せ先:
  松浦武四郎記念館
                 0598-56-6847



2001.04.01UP