松浦武四郎記念館は毎年一冊ずつ明治期の武四郎自筆稿本の刊行に努めてきたが、残す所は『明治二年東海道山すじ日記』(以下『山すじ日記』と略す)、『乙酉後記』、『丁亥後記』となった。今回これらを解読、発行すれば、稿本の活字化はすべて終わって、明治期の武四郎の姿がさらに鮮明になってくるのではないか、と期待される。稿本『丙戌後記』も書かれたであろうという推量はできるものの現存が確認出来ない。それは残念であるけれど、旅行摘記は刊本『丙戌後記』で確認できる。自筆稿本の解読、読解を通して、一般には十分認知されていない武四郎の人物像を見る事が可能となった。

 明治期の武四郎については、従来、初年代に開拓判官として北海道の道名・国名・郡名を策定し、辞職後は蝦夷地関係の著作の刊行に尽力したのみで、あとは自由気ままに全国への旅をしつつ、骨董趣味に明け暮れ、最晩年には大台ヶ原開拓を目指す等悠々自適の生活を送った、という評価がなされてきた。その根拠となるのは『尚古杜多』等の刊本、『撥雲余興』等の蒐集・研究書、あるいは厖大な古物・古銭の蒐集から得られるイメージであろう。武四郎は開拓判官辞職後は骨董蒐集を趣味とする好々爺に変質したのであろうか。

 晩年の武四郎像を検討する上で考えたいことの第一点は、蒐集品や刊本を中心に考えていいものだろうか、ということである。彼は明治十年代毎年年間数十日の旅行をし、詳細な記録を残していた。その記録は稿本のまま残っている。世に出された刊本とはイメージにおいて大きな違いがある。刊本『尚古杜多』は古物一覽のみ、『庚辰游記』、『辛巳游記』、『壬午游記』は古物一覽が中心で申し訳程度に旅行摘記を載せている。明治十六年(癸未)に至って古物一覽と旅行摘記の二本立てとし、『甲申小記』は旅行摘記を中心として新獲品一覽を一丁半載せている。『乙酉掌記』、『丙戌前誌』、『丁亥前記』は旅行摘記であるが、巻末に一〜三丁の新獲品一覽を載せている。『乙酉後記』、『丙戌後記』、『丁亥後記』は旅行摘記のみである。刊本だけをみるならば、古物蒐集に熱心であり、名所巡りの旅行を好む武四郎の姿が浮かんでくるかもしれない。 しかし、稿本を検討すれば、武四郎は前述のような悠々自適の余生を送っているようなイメージはなく、現役の歩く人間、旅する武四郎が浮かんでくる。明治以前の武四郎を旅する人間、歩く人間と特徴付ける事が出来るが、その特質は維新後も何らかわることはなかった。好々爺に変質していて 「余生」を送っていたととらえる必要はない。余生という言葉は懸命に生きている人に対して不適切である。

 考えたいことの第二点は、明治二年の『山すじ日記』と十年代の各稿本は全く逆方向に働く力を持っていることである。幕末には親しく同志的関係を持っていた大久保利通、木戸孝允、西郷隆盛等が明治維新とその後の政権中枢となった。当初、武四郎は彼等に期待するところが大きく、彼等に協力する気持ちを持っていた。『山すじ日記』は、京都ー東京間の交通、連絡体制を改善すべく東海道山すじを行くバイパス路を提言し、許可されたことへの報告文書である。『松浦武四郎自伝 追記』に「(五十二歳明治二己巳年)二月八日/一、東海道筋通行上京被仰付」と記されている。『山すじ日記』には明治維新政府に対する期待と信頼があるといえる。そして六月八日、蝦夷開拓御用掛を、八月二日には開拓判官を拝命し、北海道道名、国名、郡名選定の任に当たった。が、翌三年三月十五日には太政官宛てに激越な文言の辞表を出すに至る。短時日で維新政府の本質を見破ったのである。これは明治新政府との訣別を意味する。辞表を出したのは、彼の直情径行の性格のしからしむる処ではあるが、同時に自らの敗北と無力を認めたことでもある。明治期、どうして武四郎は北海道へ行くことがなかったのか、北海道の道名・郡名・国名策定の大仕事を終えた満足感をもって北海道へ渡ることも可能であったと思われるが、その後の住民を無視した新政府のやり方に荷担した形で北海道へ赴く事が出来なかった のだ。

 考えたいことの第三点は彼の宗教観である。十年代の日誌稿本は、彼の旅が日本古来の多様な宗教に対する関心に裏打ちされているが、不思議なことに彼の宗教観は、宗教、宗派の壁を感じさせない、渾然一体となったものである。宗教との具体的なかかわりは、幼い頃からの仏教との触れあい、若い頃から根強い両宮崇拝、大峯奥駆け敢行に見られる修験道・大峯信仰、「二十五霊社」策定に集約される天神信仰、秩父霊場巡りに見られる観音信仰、最晩年の富士信仰を挙げることができるが、武四郎の場合これらが渾然一体となっているところに特色がある。修験道と天神信仰の間にどのような教義的違いがあるか、などは考える必要がない。即ち多様な宗教・宗派をそれぞれよしとするものである。その対極には明治政府によって進められていた国家神道化政策がある。彼は決して神道を否定しているのではない。それどころか伊勢両宮に対する崇拝は一生を貫いていた。ただ国家によって仏教を初めとする日本古来の宗教を抹殺することには反対であった。明治十三年の大峯奥駆け敢行は政府の修験道廃止への抵抗であり、復活への応援歌であった。

 明治元年の神仏分離令、同五年の修験道廃止令、国家神道の押しつけ等の政策によって、寺院の荒廃、文化財の散逸、宗教的習慣の喪失が進んでしまった。それを惜しみ、日本人の心と文花、生活に深く根ざした宗教的雰囲気は宗教別、宗派別の枠を超えて大事にされなければならない、というのが彼の考え方であった。

稿本『明治二年東海道山すじ日記』

 「太政官日誌」慶応四年(九月に明治に改元)三月二十五日の条に、太政官において蝦夷地開拓をめぐって論議のあったことが記されている。その際、大久保利通は「松浦武四郎御撰挙可然ト奉存候」と発言している。また『新版松浦武四郎自伝 追記』に「五十一歳/明治元戊辰年/閏四月六日、大総督官より急々上京被仰付/同二十八日、於太政官/一、任徴士箱館府判府事」「五十二歳/明治二己巳年/二月四日、於行政官/一、依願被東京府知事附属/二月八日/一、東海道筋間道通行上京被仰付」とあることに関わるところである。

 彼は、慶応四年閏四月朝廷に呼び出され京都に赴いた。その途中大雨のため川留めに遭い、停滞を余儀なくされた。このような折には往来の人々が難渋するだけでなく、新政府の情報、通信機能も支障をきたすこととなる。そのことに気づいた武四郎は、東海道の中道を通信網に組み込むことを建言し、翌明治二年二月八日には「東海道間道」の調査を仰せつかった。その時の報文日誌の写しが本稿本である。

 明治維新という新時代が到来し、蝦夷地に関わることが期待されての任官であったが、当面待機を余儀なくされていたことに不満を感じ、自ら選んだ仕事が東海道間道の見立てであった。彼自身の体験による提言ではあるが、また彼と幕末交流のあった角田桜岳(佐野与市)の影響によるものではないかと推察できる。この旅において富士吉田から万農原に桜岳を訪ねている。桜岳は「自江戸青山経足柄出駿遠参之北開間道」(墓銘)を熱心に考えていた人物で、武四郎との交友を通じてこの間道のことは二人の間で共通認識となっていたと考えられる。

 明治二年二月八日、間道調査の命を受けた武四郎は十日に東京を発ち、十九日に御油宿(愛知県豊川市)に至って東海道本道と合流した。この間、道筋を明らかにし、旅に必要な茶屋・旅篭屋を点検し、助郷・伝馬の状況を調べるだけでなく、植相、産物、住民の暮らしぶりも書き 綴っている。単に調査復命の記録としてだけでなく、明治初年の交通、社会、風俗の貴重な資料ともなっているのである。しかし、一方では文明開化路線をとり、通信・運輸の分野でも西欧化、近代化しようとしていた新政府の方向とは違っていたから、実際には山すじの道として整備されることはなかった。大井川への架橋、通船については武四郎の提言が反映されたかもしれない。

 冒頭において奇異な感じを抱かせるのは、小田井蔵太に対する人物評価である。「生来不仁不慈は併無き男」とまで小田井を酷評、罵倒しているが、これは小田井が新政府に楯突く彰義隊の中心的人物であり、武四郎にとっては何らかの悶着のあった人物であったからで、新政府の側に身を寄せたい武四郎の心情が出たものであろうが、常軌を逸した批判である。

 武四郎は年を表すのに標題でも本文でも干支を用いているが、本稿本において「明治二年」と記しているのは特異である。新しい時代がやって来た事への期待からこのように名付けたのではないか。だが、自分の目指す世界でないことにすぐ気付くこととなる。開拓判官になったものの、住民無視の北海道開拓がなされることに激しい怒りを感じ辞表を出したのは、それが幻想であり、夢であったことを思い知らされたからである。

 稿本『山すじ日記』は松浦武四郎記念館所蔵の「松浦家文書」中の一冊で、表紙一丁、本文二十三丁の武四郎自筆の報文日誌である。白表紙・仮綴。外題「明治二年東海道山すじ日記」、内題はない。
 「松浦家文書」は東京松浦家に伝わり保管されてきた松浦武四郎関係資料で、稿本類や野帳等の武四郎自筆資料が中心となっている。昭和二十九年以降国文学研究資料館に寄託されていたが、平成十七年七月に寄託契約が解除され、直系ご子孫の松浦一雄氏から松浦武四郎記念館に一括寄贈された。

稿本『乙酉後記』

 稿本『乙酉後記』は明治十八年秋の、三峯山登山、秩父三十四観音霊場巡りの旅の記録である。彼をこの旅に駆り立てるせっぱ詰まった事情があったとは思われないが、前年に秩父事件が勃発して、明治政府の租税政策が苛酷であり、その過重に堪え難く逆らったことにかかわりがあるかもしれない。本文に直接的な言及はない。

 乙酉の年の秋の旅は十月六日出発、同十三日帰宅の八日間の旅であった。あらすじを追ってみる。

 十月六日。四日に亡児いしの十三回忌の法要を済ませた後、六日出発。早朝上野から汽車に乗り、浦和、熊谷を経て本庄駅に着いた。根古屋まで六里のところ馬車がなく歩く。日の沢村に至り、阿左美氏にて泊る。七日。岩道五丁を歩いて秩父観音霊場三十四番の日沢山水潜寺に参詣。観音堂の上に大なる窟があり、中に石仏を安置してある。次に第三十三番。延命山長安寺。また菊水寺ともいう。下鹿野、般若村を経て、三十二番石船山法性寺。般若窟に地蔵尊、千体仏を安置。伊豆沢村、小鹿野を経て岩戸沢村にて泊まる。八日。細谷川に沿って、藤倉村に至る。石段を上がると三十一番岩谷山観音院。奥に窟があり、石仏を多く立てている。岩戸沢村に下って、薬師堂村、小森村、白井差を過ぎる。贄川、岩名村、強石村、大滝村を経て大輪村に至る。 三峯神社への道をとる。三峯山はかねてから登りたい山であった。途中女性信者のための宿舎をみる。頂上での止宿を禁じられているためだという。三峯山大権現参詣。ここは修験道の山であったが、維新後神社に転じた。不景気の中、多くの泊まりがある。信者達と語らってその生活に触れる。
 九日。下山。白久村にかかり、一里ばかりで三十番深谷山法雲禅寺、高所にあるので寒い。続いて二十九番笹戸山長泉禅寺、二十八番石竜山橋立寺、二十七番竜河山大淵禅寺、二十六番岩井堂円融院、二十五番嫩桂山閻魔王御手判寺と回り、別所村にて泊まる。十日。早起き。二十四番白山法泉寺、二十三番松風山音楽寺、二十二番童子堂、二十一番矢の堂観音寺、二十番岩之上堂、十九番飛淵山竜石寺、十八番白道山神門寺、十七番実正山定林寺、十六番無量山西光寺、十五番五葉山少林寺、十三番旗下山泰平院慈眼禅寺、十二番仏道山野坂寺、十一番熊木山観音堂、十番万松山大慈寺、九番明星山明智寺、八番普照閣西善禅寺、七番牛伏山法長寺、六番萩野山卜雲寺、五番語歌堂、四番高谷山新木寺とこの日は二十一ヶ寺を回った。
 十一日。三番矢追山岩本院常泉寺。二番大棚山真福禅寺。二番寺は、本堂大破、庫裏も破損。本堂に老僧が破れ布団を引っ被り寝ていたので、事情を聞くと、寺の盛衰は寺の内証を切り盛りする大黒(梵妻)次第、本寺は妻もいないのでこのような荒れ放題となった。一番の誦経山四万部寺なんかは美人の大黒(梵妻)がいるので大繁盛という。それを聞いた私は「観音様よりまず弁天様を拝みたいもの」と一番に駆けつけ、お茶を入れてもらったり、話しこんだりして、大黒(梵妻)の美人ぶりを時間を忘れて拝見していたが、役所の十二時の報せに驚いて出立。安戸駅、小川駅を経て、菅谷駅に到った。
 十二日。川越まで人力車を雇う。さらに乗り継いで練馬、板橋を経て、三時過ぎに帰宅した。旅装を解いて納札が一枚残っているのに気付いた。一番寺で美人大黒(梵妻)に気をとられて納めずに帰ってきてしまったのだ。黙して頭を掻くばかりであった。

 秩父三十四観音霊場として順番が示されているのだから、一番札所から回るのがふつうであろうと思われるが、三十四番の結願寺である日沢山水潜寺から始めたのは謎である。あるいはもう一つの目的、三峯山登山・三峯神社参拝に心急かれていたのかもしれない。もう一つの謎は、二番参詣後、一番の誦経山四万部寺で寺の美人「大黒」に見惚れて納札を忘れたというエピソードは何のために挿まれたのか。秩父三十四観音順礼は、山地を行く割には小寺が多く、神仏分離のあおりで荒廃した状態にあり、彼にとってそうおもしろいものでもなかったのか、二十三番から六番まで山号・寺号と特色を一、二上げるだけで詳細を記さないのは惜しいことである。札所中、十四番今宮坊が記されていないが、これは当時今宮神社とされたことに関係があると思われる。
 武四郎は旅をする際、名所図会のようなガイドを携えることが多かったが、この旅においてはどうであったのか。江戸末期に美麗な錦絵付きで編まれ、明治十五年にダイジェスト版が出版された『秩父三十四ヶ所観音霊験記』がよく用いられたが、武四郎の記した山号・寺号と食い違う点があり、別の案内記が使われたようだ。

 稿本『乙酉後記』は記念館に写本一冊が残っている。白表紙・仮綴。外題「乙酉後記 全」、内題「乙酉後記」。序跋無。二十一丁。寸法は縦二三・一糎、横一六糎である。長く東京松浦家に保存されていたが、国文学研究資料館寄託を経て現在は松浦武四郎記念館所蔵となっている。

稿本『丁亥後記』

 武四郎は実子いしを明治六年に失い、その後養子とした亀次郎(甥・圭介の次男)も病で亡くした。「まさ」は明治十六年に福岡から引き取ってきた娘で、養女として知人の江尻宿・望月家に嫁がせたのであるが、産褥のために明治二十年八月十日なくなってしまった。八月二十七日に行われる三七日の法要に間に合わせるよう出かけるのであるが、その前に富士登山をする。下山後、江尻に至り、まさの葬られた寺の印象を悪く記し、位牌を名高い清見寺に頼むことをやっているが、はたして江尻家との合意であったかどうか、疑問が残る。武四郎には物事を両極端に判断し、回りの状況を無視して自分の判断を優先させる一面がある。家族、家郷の人びと、友人・知人の間で軋轢や悶着を生じることもあった。ここも自分の思いを押し通す強引さが出た感じがある。

 稿本『丁亥後記』は八月二十一日出立、二十九日帰着の九日間の旅行日誌である。概略次のような内容を記す。

 自分が富士山に登ったのは十九歳のときであったが、村山口の方を経験してないので、もう一度登りたいと思っている。中野松平と約束していたが、江尻へ嫁にやった娘まさの死去があって出立は八月二十一日となった。新宿、角筈、幡ヶ谷等経て八王子駅に着いて甲州街道をとることとする。新道も出来ている。小原駅まで東京から十六里。ここにて泊まる。二十二日。古道、新道、馬車道等道を選びながら、与瀬村、吉野駅、関野駅、上野原駅、鶴川駅、野田尻駅、犬目駅、鳥沢駅、猿橋駅を経て大月駅に着いて宿る。新道のぬかり道に疲れてしまった。二十三日。甲州街道をはずれ谷村街道に入る。吉田宿に至り、浅間社を見学して回る。
 二十四日。木暗い内に出立。朝風が身に染む。一合目、鈴原大日堂。二合目、御室浅間社。三合目に三軒茶屋あり。四合五勺、御座石浅間。五合目以上は風がきつくなってくる。五合五勺、沙ふるい。六合目に小屋なし。六合五勺、鎌岩。七合、七合三勺に室堂あり。眺望を楽しむ。八合目は甲州駿州の境。九合目、迎薬師。登るにつれてきつくなり、四這いになって進む。頂上に至って、おはち巡りもする。二十五日。ご来光を拝して下山にかかる。道普請を理由に銭を取る者がいる。九合目あたりは険路であったが、六合目あたりから穏やかとなる。五合目に中道回りの休所がある。五合目から四合目にかけてけなしである。一合目に近くなって空沢にかかる橋が朽ちていて落ちてしまった。一合目、八幡宮、村山浅間社。万農原を右に見る。大宮に着いて桜岳なきあとの佐野家を訪う。夜、泊まることになった旅籠屋で下山の速さに警察から不審がられる。
 二十六日。富士川を越え、川越、蒲原を経て一時頃に江尻に着く。江浄寺に墓参するも印象が悪い。二十七日。朝から記念分け。清見寺で施餓鬼を挙行。中泉庄平の牌もあり、不思議な因縁を感ずる。二十八日。未明出立。富士川を越えて新道口にて昼食。そのまずさ堪え難し。三島の秋山氏宅にて茶漬けを振る舞われ、美味に感動する。山中村水戸やに泊まる。二十九日。未明出立。国府津停車場に十二時に着き、汽車にて横浜に着く。四時過ぎ新橋。五時前に帰宅した。

旅中懐に入れて持ち歩き、あるいは稿本を書くに当たって彼が参考にした案内記は種々考えられるが、特に『富士山道しるべ』を頻りに用いている。本文中、山や街の方角について記す所があるが、これは方位計をもっていて測ったわけではなく、ここからの引用である。「中道巡り」の所は全文この案内記からの引用である。

 この稿本は、白表紙、仮綴。外題「丁亥後記 全」、内題「丁亥後記」。序跋無。十九丁からなる。表紙に「明治二十年七十歳/八月廿一日(旧七月三日)/廿九日畢之/富士登山記」と墨書されている。この稿本も長く東京松浦家に保存されていたが、国文学研究資料館寄託を経て現在は松浦武四郎記念館所蔵となっている。

付録 刊本『乙酉後記』『丙戌後記』『丁亥後記』影印

 巻末に刊本『乙酉後記』、『丙戌後記』、『丁亥後記』の影印を参考のため付けた。刊本『乙酉後記』、『丁亥後記』は稿本とほぼ同行程、同内容の旅行摘記で、詳細を省いた所、多少潤色された所もある。稿本『丙戌後記』は現存不明であるが、刊本は現存する。いずれも友人、知人、世話になった人びとに配られたものである。影印は松浦武四郎記念館所蔵のものを使用した

 
講演会開催に当たって次のような案内を出しました(2017年3月)

『明治期稿本集』発行・記念講演会のご案内
 
武四郎は明治10年代、毎年数十日に及ぶ西日本旅行を繰り返していました。
これを記録するものは、旅行中に行われた古物会の出品目録や新獲一覽が中心でしたので、そこからイメージされる武四郎は古物蒐集に明け暮れ 、悠々自適の「余生」を送っていたとするものでした。
はたしてそうだったのだろうか、というのが私の長年の疑問でした。明治3年3月、開拓判官を辞職して後の10年は、たしかに生きる希望を失ったかのように、書簡以外は自己の消息を伝える記録をあまり残していません。 明治初年代の前半は、新政府への失望を埋めるかのように蝦夷関係の著作の刊行に励んでいます。後半は明治6年の愛娘いしの死、上野東照宮・北野天満宮への大神鏡奉納等がありました。明治10年に木戸孝允、西郷隆盛が亡くなり、11年には大久保利通が暗殺されます。武四郎自身は10年前後の大病、そこからの再起と続きます(この間の事情は末松孫太郎宛武四郎書簡に詳しい)。明治12年の『尚古杜多』跋に友人の三田葆光(かねみつ)が「今まで羽を休めていた大鵬が翼を広げ始めた」と記しているようにエネルギッシュ な活動を再開したのでした。
その第一弾が明治12年の夫婦旅を記した『己卯記行』ですが、まさしく翼を全開させた感があります。以降毎年の西日本旅行が続き、記録も稿本(原稿)の形で残されました。最晩年の明治18〜20年は 大台ヶ原登山を含む春夏の大旅行のあと、秋にも短期ながら小旅行を行っています。松浦武四郎記念館が毎年1冊ずつ解読・編集して出版しているのがこの時期の記録日誌です。
最後に残ったのが明治18年秋の稿本『乙酉後記』、20年の稿本『乙酉後記』となりました(19年の稿本『丙戌後記』も書かれたに違いないのですが、現存が確認出来ません)。
これら稿本類に共通しているのは、明治維新後押し寄せてくる日本の近代化、西欧化、資本主義化に抗して、庶民がもともと持っている素朴な宗教的伝統、雰囲気を守ろうとするものでした。これに対するものは廃仏毀釈、修験道の廃止といった国家政策、強権的な神道の国家主義化でした。
今回、『明治期稿本集』と題して上記二著の他に稿本『明治二年東海道山すじ日記』を収録しています。この稿本は、蝦夷通が評価されて明治政府の一員となったものの、待機を余儀なくされていた武四郎が自ら買って出た道作りの報文日誌です。こ の時点では明治維新政府に対する信頼がありました。しかし、その信頼はすぐ裏切られてしまいます。 同年8月に北海道の道名・国名・郡名を選定して「北海道の名付け親」となったあと、翌3年3月、激烈な辞表を役所にたたきつけて辞職してしまいました。 資本との癒着、アイヌ人無視の開拓方針が許せなかったのでした。
稿本『明治二年東海道山すじ日記』と明治10年代の稿本を対照させることにより、両者の違いが際立つことになるのではないでしょうか。
『明治期稿本集<明治二年東海道山すじ日記・乙酉後記・丁亥後記>』は3月1日発行の予定で、3月12日には発行記念の講演会をすることになっています。闘病中の私のモゴモゴ話はお聞きづらいとは思いますが、関心のある方は是非お出かけください。

三田葆光の『尚古杜多』跋はこちらから
辞表控(展示中)はこちらから
2017.02.10 UP