GW後半は中央ア越百山の予定であったが、よんどころないことで大峰の弥山・八経ヶ岳に変更した。八経ヶ岳は百名山の一つ、標高1915m、八剣山とも仏経ヶ岳ともいう。近畿での最高峰。弥山は吊り尾根続きの北隣にあって20m低い1895m。
 5月4日。午後1時半に家を出て166・169号線を経て、天ヶ瀬より行者還林道に入る。5時行者還トンネル東口に着いた。ところがトンネルが閉鎖されていて、登山口のある西口に行けないことがわかった。5年前に登ったのは西口からであったし、予習してきたこのあたりからの登山コースはすべて西口からのものであった(東口からのコースを記したものもあることは後でわかった)ので、困ったなとは思ったが、空き地に数台の車が駐めてあったので暫く様子を見ることとした。すると登山者らしい方が通りかかったので情報をいただいた。要約すれば、その1、沢沿いに300mほど下ると右岸の山への登り口がある。その2、その登り口は粘土質の道で滑りやすく危険、要注意。その3、1時間ほどで奥駈道に出るので左をとる。この分岐は分かりにくいのでよく覚えておいて、帰途もし小屋(一ノタワ)まで行った時は少し戻るように。その4、そこから20分で西口からのコースと出合う。これはありがたい情報であった。トンネル口より100m下の空き地に駐車して、安心して8時から翌朝5時までぐっすり眠ることができた。

 

 5月5日。5時起床。6時トンネル東口を出発。教えてもらった通り沢沿いに数分下っていくと小さな標識があって、そこから崖にとりつく。ズルズル落ちそうで崖上に上がる初めの10mほどに悩んだが、後は順調であった。とはいえ踏み跡のはっきりしない急登で、ふだんはあまり利用されていないようであった。花はヤマツツジを2、3本、遠くに山桜を見ただけで他には何も見ることができなかった。ブナ林の中にヒメシャラの大木もあるが、花はつけていない。
 7時10分、奥駈道に着く。右へ行けばトンネルの上を越して、行者還岳・大普賢岳を経て山上ヶ岳に至る。左をとれば目指す弥山・八経ヶ岳を経て釈迦ヶ岳に至る。奥駈道用の新しい標識には「←弥山/行者還岳→」とあり、今来た道用の古い標識は壊れかかっているが「一ノ峠←/→天ヶ瀬」と判読できる。これで道の正しいことを確認して5分休憩。
 7時35分、西口コースに出合う。西口から登ってきたらしい何グループかが休んでいる。三叉路それぞれに標識が立てられている。そのまま通過、7時55分弁天の森に着いて5分間の休憩。標高1600mとある。バイケイソウの群落がある。

 

 

 8時25分聖宝ノ宿跡を経て9時15分弥山1895mに着いて数分の見学休憩。台地になっていて、あちこちに登山者の姿がある。大峰連山が展望できるという国見八方覗まで行ってみたが、あいにくの曇天で何も見えなかった。西進すれば狼平・頂仙岳を経て天川に至る。今日は南に向かい雪の残った岩道を進む。途中何ヶ所か網で囲んであるには、鹿の食害からオオヤマレンゲを守るためのもの。オオヤマレンゲは天然記念物であるが、花時には早すぎた。あたりのトウヒの枯れ方は以前よりひどくなっている感じである。下り坂の途中から八経ヶ岳のなだらかな山容が見えてくる。堂々とした山だ。

 

 

 
 9時50分八経ヶ岳着。狭い頂上に30人ほどが休憩したり、食事をしたりしていた。我々も昼食とする。山頂標識を入れての撮影を順番待ちしているのに独占したがるはしゃぎグループもある。眺望は相変わらずよくない。弥山が見える程度だ。弥山小屋の屋根が木立の上にピョコンと飛び出しているのが印象的だ。10時15分、明星ヶ岳に向かい、10時30分に着く。少し下って南を見ると右手に深い谷が落ち込み、その向こうに大きな山なみがうっすらと見える。七面山であろうか。とすれば左手の高い山は仏生ヶ岳か、と見当をつけ、写真を撮るだけで引き返した。八経ヶ岳から明星ヶ岳の間で会ったのは1人だけだったが、その方は仏生ヶ岳にテントを張ってあるのでそこまで引き返すのだ、ということだった。
 八経ヶ岳に11時5分、弥山に11時25分に戻って、それからノンストップで下山。ガスがかかってきたが、注意されていた一ノタワ近くの分岐も間違えることもなく、13時30分駐車地に戻ることができた。車に乗るや雨となった。
 花には恵まれなかったが、芽吹きの清々しさにふれることができ、自分も若返ったような気持ちであった。

 

 
2001.05.05UP