今まで通行止めが続いていた日出ヶ岳から大杉谷方面への通行止めのうち日出ヶ岳〜大台林道(堂倉小屋・粟谷小屋)の区間が5月21日から解除されました。ミネコシ・シャクナゲ平・シャクナゲ坂のシャクナゲが満喫できます。(05.05.21記)
▲ 山歩・花歩 ▲ 大台ヶ原 ▲ 2005.05.13、14

【山名】 日出ヶ岳(1695m)
     経ヶ峰(1529m)
【山域】 大台ヶ原
【天候】 13日曇のち晴
     14日快晴
【形態】 1泊2日/単独

日出ヶ岳北側斜面にて

【コース】詳細省略
5月13日
 大台ヶ原駐車場(10:30)
  ↓
 日出ヶ岳
  ↓
 ミネコシ→シャクナゲ平
  ↓
 日出ヶ岳
  ↓
 東大台一周
  ↓
 駐車場(16:00)
5月14日
 大台ヶ原駐車場〜日出ヶ岳往復
      (4:30-6:00)
 −車で移動−
 経ヶ峰近くの駐車地(6:45)
  ↓
 経ヶ峰往復
  ↓
 ワサビ谷
  ↓
 開拓分岐
  ↓
 展望台
  ↓
 逆峠
 −同じ道を戻る−
  ↓
 経ヶ峰近くの駐車地(12:00)
 −−
 <大台教会・ナゴヤ谷・分骨碑>

 大台辻から西谷、添谷山にかけてのブナ林を新緑の間に見たくて出かけたのであるが、川上辻からは安心橋架橋工事がまだ終わってなくて通行止め、堂倉小屋経由は昨年の台風以来日出ヶ岳から通行止め、ということで行き先変更を余儀なくされた。シャクナゲには少し早いが、それでも日出ヶ岳からミネコシ・シャクナゲ平へ入れば何株かは見られるだろうし、ブナの新緑も経ヶ峰から逆峠まで行けば満喫できるだろう。
5月13日
 10時、大台ヶ原駐車場に着いてビジターセンターで道や花についての情報をいただく。上記のような状況が分かったので、急遽予定を変更して今日はシャクナゲ花見に変更する。
 風がきつく冷たいので雨具のズボンもはいて10時半出発。日出ヶ岳への道に入ろうとするとすぐ三重県と宮川村名の通行止め看板が目についた。歩道を囲む自然林は遅い芽吹きである。眼鏡をかけて 物欲しそうに林床を覗きながら歩いて行くと、白く小さな花がいっぱい咲いているのに気がついた。ワチガイソウだ。初見であるが、図鑑上では馴染み深い。ヒメイチゲも点々と見当たるが、全開のものがない。
 40分もあれば日出ヶ岳頂上に着けるのに道草を食っていて11時35分到着。まずは山頂碑に挨拶をしておく。三角点石ではなくその背後にある石標で、正面に「日出ヶ岳」、側面に「国境」「井場亀市郎」とある。 これは松浦武四郎が資金を出して建てた(と思われる)一連の山頂碑の一つである。
 その後、シャクナゲの様子を見にミネコシ、シャクナゲ平あたりまで降りた。通行止めの予備区間なのでそれ以上の深追いは遠慮したが、昨年よりは花付きがよく、4分程度の花見ができた。
 日出ヶ岳頂上に戻り、今度は東大台周遊に転ずる。木道歩きは好きになれない。が、片腹池、御手洗池で確認したいものがある。武四郎が真田八十八と連名で建てた「実利行者修行跡」碑などがどうなっているか。行ってみて驚いた。昨秋見た折には池の傍らに倒れて笹原に隠れていたのだったが、それが掘り起こされて、きちんと建てられていたのである。
 大蛇グラ分岐からシオカラ谷にかけてのシャクナゲ群落の開花は3分程度といったところ。見頃は月末であろうか。
 駐車場に戻ってまたビジターセンターに寄って、石碑立て直しの経緯について聞いたが、よく知らないということだった。
 
通行止め通知。                  芽吹き。
 
ワチガイソウ。
 
日出ヶ岳山頂碑。
 

日出ヶ岳〜シャクナゲ平の開花状況。

快適な尾根歩き。             シャクナゲ平道標。

牛石ヶ原の御手洗池。
5月14日
 駐車場4時半出発で日出ヶ岳へ日の出を見に行く。30分で頂上に着いたが、すでに遅く、お日様は雲の上だった。寒さをこらえながら30分ほど尾鷲方面、正木嶺、巴岳、大峰方面の眺望を楽しむ。
 駐車場に戻って、ドライブウェイを経ヶ峰近くまで降りる。ちょっとした展望地があるのでここに駐車した。6時45分出発で、まず今日の目的地(逆峠)とは反対方向の経塔石・経ヶ峰を往復する。駐車地に戻って、逆峠への道に入る。道標などはない、黄テープが1個ついているだけだ。が、初めは植林と自然林の間を行くので分かりやすい。植林を離れるころ左からワサビ谷が現れ、これに沿って下っていくと開拓分岐となる。ブナ・オオイタヤメイゲツ・ミズナラなどの自然林で、林床にはバイケイソウが広がっている。西大台周回コースへ進まず、逆川を渡って小処方面に進む。このあたりは道標や案内板が完備されている。
 逆川渡渉点から20分ほどで展望台。スケールの大きな滝見尾根・千石グラ・蒸籠グラ・大蛇グラが一望できる。
 展望台からは下りとなって狭いトラバース道となる。小鳥のさえずりが心地よい。15分で逆峠、さらに下れば笙ノ峰を経て小処または木和田となるが、自然林の空気を胸いっぱい吸ったので戻ることにした。このコースでは誰にも逢わなかった。静かなブナ林を楽しみたい時はこのコースに限る。
 駐車地に戻って昼食。上の駐車場(この時間には満杯だったので少し戻って空き地に駐めた)から西大台周回の道に入る。大台教会たたら亭に寄って昨日の石碑直しについて聞く。「国か県の方でした仕事ではないか」ということだった。
 ナゴヤ谷を渡って御霊丘に進み、武四郎分骨碑に前日の石碑の模様を報告した。

新緑が眼にしみる。

ワサビ谷。
o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o
ジャケツイバラ・・・天然の「鉄条網」
 この時期、169号線を走っていると谷崖に目立つ花がある。遠くからでもはっきり分かる華やかさだ。しかし花の美しさに惹かれてうっかり庭に植えたらたいへんなことになるだろう。花の下に鋭いトゲが隠されている。

ジャケツイバラ。
2005.05.13UP