▲ 山歩・花歩 ▲ 東大台周遊 ▲ 2008.05.26 ▲

大蛇ーから西ノ滝(左)、中ノ滝(中央)を望む

【山名】 東大台(日出ヶ岳1695m)
【山域】 台高
【天候】 晴
【形態】 日帰り/同行:F
【コース】頂上P(8:30)
     →シオカラ谷→大蛇ー
     →牛石ヶ原→尾鷲辻
     →正木嶺→日出ヶ岳
     →大杉谷道少し→苔探勝路
     →頂上P(14:30)
【所要時間】6時間


 必要があって大台ヶ原までの道路状況、東大台のコース状況を調べに行った。あわせてこの時期の花見でもある。
 カミさん連れで家を5時に出る。途中高見峠付近で霧に巻かれた他は何の支障もなく走ることができた。途中のドライブウエイから大峰の山々がよく見える。あこがれの山なみだ。8時20分に大台ヶ原山頂駐車場に着く。シーズンではあるが、まだ5割程度の駐車率。今日のコースは東大台・反時計回りと決めている。

ドライブウェイから眺める大峰の山々
――――――――――――――――――――
 8時30分出発。東大台の西半分はブナやカエデ類主体の落葉樹林、東半分はトウヒやウラジロモミなどの針葉樹林である。それにシャクナゲ群落やシロヤシオ、アケボノツツジ、ドウダンツツジが交じるので今の時期は歩くのが楽しい。
 石ころ混じりの遊歩道を下り気味に歩いていると、カミさんが「今頃セミがいる」と言う。ハルゼミだろうと思いカメラに収める(気になったのであとで某サイトに尋ねるとエゾハルゼミだと分かった。あたりがブナ林で標高の高い所であることから納得)。数名の若い女性とすれちがう。
 シオカラ谷の雰囲気もいい。川床に降りて上下流ともに少しずつ探索。1本みごとなアケボノツツジが眼に着いたが、急崖なので近づけなかった。シオカラ谷から大蛇ー分岐までは登りである。シロヤシオは開花したのを数本見ただけで、あとは花つきがよくない。鈴鹿でも三峰山でもよくなかったから今年は裏年なのだろう。ブナ・カエデなどの若緑を楽しみながら登っていくとシャクナゲの群落となる。シャクナゲはマアマアだ。ここはツクシシャクナゲだそうだが、 ホンシャクナゲとの違いがよく分からないのでシャクナゲとしておくしかない。

東大台の西側はブナやカエデが多い

ブナ林に棲息するエゾハルゼミ
羽化したばかりでまだ飛べない

周遊道

咲き始めたツクバネソウ

シロヤシオ 今年は裏作で咲いていたのは数本であった

シオカラ谷

シャクナゲ
――――――――――――――――――――
 牛石ヶ原分岐から大蛇ーにかけてはアケボノツツジがよかった。鈴鹿に咲くアカヤシオと同種である(細かい所では差異がある)。青空に映えて見応えがあった。大蛇ーの展望大岩に立ってみると、千石ーにかかる西ノ滝、中ノ滝がはっきりと見えた。一昨夜の大雨で水量を増したと思われる。
 牛石ヶ原では御手洗池の畔に立つ「真田八十八/松浦武四郎」の碑を確認しておく。大台ヶ原に来れば毎回これを確認することにしている。ここに建つ2つの碑は数年前まで笹原に放置されていたのをビジターセンターに連絡してしっかり立ててもらった経緯がある。片腹鯛池の近くの碑も健在。正木嶺にも「マサキ峠」という石碑があったのだが、こちらは3年前から行方不明。残念でならない。
 尾鷲辻から堂倉山方面に入ってシャクナゲの様子見。戻って正木ヶ原へ。以前はこのあたりでよくシカに逢ったが、最近は見かけなくなった。駆除の「成果」であろうか。正木嶺から日出ヶ岳にかけてはシロヤシオが多いのだが、花もツボミもほとんど見ることができなかった。

大蛇ーの展望大岩から見る不動返し

アケボノツツジ
 
牛石ヶ原の御手洗池

片腹鯛池

正木ヶ原

木道からの眺め
――――――――――――――――――――
 日出ヶ岳には三角点標石と並んで井場亀市郎名の山頂碑が建っている。その健在を確認して大杉谷方面に少し下ってここでもシャクナゲを観賞。粟谷小屋は再開しているそうなので泊まりがけで西谷・大台辻方面に入りたいと思っているが、果たせないでいる。
 頂上に戻って駐車場に向かう。大台荘手前で苔探勝路に入り、大台教会の祖古川嵩の墓碑に手を合わせた。松浦武四郎分骨碑のある御霊丘は西大台の入山規制で行きたいときに行くことができなくなって残念である。

日出ヶ岳頂上を望む

日出ヶ岳からの眺め

三角点標石と山頂碑

ワチガイソウ

コミヤマカタバミ                    ヒメイチゲ

古川嵩墓碑
2008.05.26UP