▲ 山歩 ▲ 東大台 ▲ 2007.09.20 ▲

日出ヶ岳山頂碑

【山名】 日出ヶ岳(1695m)
【山域】 大台ヶ原
【天候】 晴
【形態】 前日泊/単独

【コース】 時間の詳細はとらなかった
大台ヶ原P→日出ヶ岳→正木峠
→尾鷲辻→牛石ヶ原→大蛇ぐら
→尾鷲辻→大台ヶ原P
―――――――――
所要時間=5時間
 久しぶりの大台ヶ原である。シャクナゲ・シロヤシオの頃に訪れたかったけれど、今年はかなわなかった。今回は10月中旬に「松浦武四郎追蹤」のために何人かの方を案内する予定があるので、その下見のつもりである。
 19日。9時に家を出て、途中川上村大滝で土倉庄三郎翁について取材する。翁は造林王として知られ、明治30年代に大台辻・西谷から船津に至る土倉道を拓いた人物である。大滝の郵便局の北隣に翁の肖像が建ち、近くの吉野川右岸の鎧掛岩には土倉翁頌徳の磨崖碑が彫られている。
 大台ヶ原ドライブウエイに入り、大台口トンネル出口に車を駐めて和佐又山−伯母ヶ峰縦走路に上がって少し歩いてみる。今はほとんど使われていないが、昔は大峰と大台を結ぶ重要な道であった。武四郎も何度か歩いている道である。
 もう一つ今日中に確かめておきたいのは辻堂山。ここも西原から大台に登る場合のポイントとなるのでどんな山か見ておきたい。ドライブウエイから辻堂山林道に入り1kmほど下って適当な所から頂上に上がった。今は登山の対象にはならないと思われるが、林道のない時代には通過地点として重要な意味を持っていた。
 ドライブウエイをさらに上がって経ヶ峰近くの空き地に入る。休憩地として使われているが、一角に小橡方面へ下りる道の入口がある。この道はドライブウエイのなかった時代のメインルートであった。その入口が今日は完全に閉ざされていた。9月1日から実施の西大台「利用調整」のためである。調整という名の締め出しである。
 あちこち寄っているうちに頂上Pに着いたのは16時半。夕食をとる当てをしていた売店・食堂はすでに閉まっていて、仕方なく山麓に下りた。

土倉庄三郎翁肖像              土倉翁磨崖碑

和佐又山−伯母ヶ峰縦走路
 
辻堂山三角点

ドライヴェイから見た辻堂山

西大台利用「調整」 経ヶ峰近くの広場にて                西大台に入るにはこんな手続きが必要なのだそうだ。
 翌朝、早起きをしたのに山麓からの出発に手間取って、頂上Pに着いたのは5時過ぎであった。あたりはすでに明るい。日出ヶ岳で日の出を見るために来たのに何をしているのだ。自分を叱って急いで歩いたけれど、展望台に着いた時はお日様が上がっていて、先客1人はもうカメラをしまっていた。
 階段を登って日出ヶ岳頂上へ。朝日に照らされた三角点と頂上碑を撮る。これは毎回の慣わしだ。よく晴れているが、尾鷲方面は雲の下。大峰は弥山・八剣山と大普賢岳・山上ヶ岳が雲の上に浮かんでいた。しばらく見惚れて正木峠に向かう。両脇のシロヤシオの葉が色づき始めている。ひと月後にはすてきな紅葉となっているだろう。紅い実をいっぱいつけた木があった。青空によく映える。ウメモドキかと思ったが、実の着き方がちょっと違う。(帰ってからお尋ねサイトでフウリンウメモドキだと教えてもらった。)
 正木峠と片腹池では探し物がある。正木峠では峠名を記した標石。2年前に確認してあるが、目が悪くなったのか、場所を勘違いしているのか、何度か往復したけれどついに見つけられなかった。片腹池近くの「大弁財天影向」碑はすぐ確認できた。
 牛石ヶ原の御手洗池に建つ2基の碑も確認できたが、碑面が読みにくくなっているように思えた。
 大蛇グラに回った後、シオカラ谷に下りず正木峠に戻ってまた碑探しをしたが、やはりダメだった。尾鷲辻から頂上Pに戻って本日の山行は終わり。

日出ヶ岳側から正木嶺を望む

フウリンウメモドキ
樹名をお尋ねサイトで教えてもらった。

探し物
左は2005.10.28に撮った正木峠の道標。これが今回見つからなかった。
右は片腹池近くの神名標石。これは確認できた。

片腹池

正木ヶ原

正木嶺からの眺め

尾鷲辻

御手洗池

大蛇グラから蒸籠グラ

大蛇グラ・不動返し

大蛇グラからの眺め

大蛇グラから大峰連山を望む クリックで山座同定

シカに見送られて下山した。
o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o
大台ヶ原の花
o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o*o

ハガクレツリフネ

アケボノソウ

ミカエリソウ
2007.07.20UP