▲ 山歩 ▲ 日出ヶ岳・東大台 ▲ 2005.10.28

正木峠から日出ヶ岳を望む
――――――――――――――――――――

【山名】 日出ヶ岳(1695m)
【山域】 台高
【天候】 快晴後曇
【形態】 日帰り/同行:F

【コースタイム】
大台ヶ原駐車場(8:50)
 −0:35−
日出ヶ岳(9:25-9:30)
 −0:20−
ブナ林(9:50-10:00)
 −0:25−
日出ヶ岳(10:25)
 −0:10−
正木峠(10:35)
 −1:00−
大蛇グラ(11:35-12:10)
 −0:40−
シオカラ谷出合(12:50-13:10)
 −0:35−
大台ヶ原駐車場(13:45)
―――――――――
歩行時間=3時間45分
所要時間=4時間55分

 どの山でもそうだが、紅葉の見頃にぴったりあわせて出かけるのはなかなか難しい。天気やら都合やらがからんで後れがちになってしまう。秋の大台行、03年は10月15日でちょうど、04年は10月25日で遅かった。今年はどこも1週間から10日遅い、というニュースもある。20日前後に出かけたかったが、晴日を待っているうち、今日28日になってしまった。
 朝6時家を出る。スムーズに走ることができて8時40分、大台ヶ原駐車場に着いた。途中ドライブウエイ沿いの紅葉がよかったから1400〜1500mが見頃となっていると思われた。ほんとは川上辻−大台辻を歩きたいのでけれど、相変わらず通行止めになっているので諦めて駐車場−日出ヶ岳−ブナ林と東大台周遊路を歩くことにした。駐車場は予想に反して混雑はしていなかった。
 8時50分、日出ヶ岳に向かって出発。トウヒなどの針葉樹に混じってカエデやブナ、ミズナラの紅葉・黄葉を垣間見ることができる。上がるにつれてシロヤシオなどの潅木帯となる。ほとんど褐色になっているか落葉している。やはり遅かったようだ。9時25分、日出ヶ岳頂上(1695m)に着く。いつものように山頂碑に挨拶をしておく。ひところ 、この山頂碑はケルン状の石積に埋もれていたが、目を留める人も増えてきたのか今は字が読める程度までになっている。青空に恵まれ眺望も申し分ないが、尾鷲方面だけは雲がかかって見ることができなかった。

ドライブウエイ途中の紅葉の様子

駐車場から日出ヶ岳へ
針葉樹に混じって紅葉・黄葉する木が何本かある
 
駐車場から日出ヶ岳へ

日出ヶ岳頂上への階段登り       日出ヶ岳から粟谷方面へ
頂上付近ではほとんどの木がもう葉をおとしていた
 粟谷方面に進む。3人の方が枯れ木を倒したり、案内板をはずしたり、道の整備をされていた。この下り坂に多いシャクナゲは今年咲きすぎたのか、ツボミのつきかたがあまりよくない。20分程でブナ主体の 平坦部となる。ブナはそう太くないものの特有の静けさがあって心落ち着く所だ。ブナやミズナラの黄葉にカエデの紅葉が混じる。シカがよく 姿を現すのだが、今日は1頭も出てこない。
 頂上に戻って今度は正木 嶺に向かう。ここにある「正木峠」碑は今まで見落としていて(というより探し出せずに)未撮影であった。どうしても見つけたいと思っていたが、何ということはない、木道を上がりきって幅広になった所にきちんと存在していた。場所の予想を間違えて探し出せなかったのだ。
 
ブナ林にて
 
ブナもいい、カエデもいい

青空がまぶしい、頂上への戻りの道

正木嶺を降りる           尾鷲辻               駐車場への短絡路もある
あたりの紅葉状態はまあまあだ

牛石が原へと進む

周遊路
 
大蛇グラからの眺望
 正木ヶ原の白骨樹はさらに凄さを増している。過ぎてまた樹林帯に入ると、ここはまだ紅葉黄葉のいいのが残っている。シロヤシオはほとんど葉が落ちたり枯れ枯れになったりしているが紅葉の残っているのも数本あった。カマツカの紅い実も印象的だ。
 今日は登山者・観光客が少ないようだが、大蛇グラは入れ替わり立ち替わり人がやってくる。強がったり怖がったり、いろんな人がいておもしろい。自分も怖がりだけれど、いちおう先端まで行って不動返しや蒸籠グラ、中の滝を撮って次の人に場を譲った。少し戻った岩の上で昼食。
 大蛇グラ分岐からシャクナゲ坂を経て、いったんシオカラ谷吊橋まで降りる。その標高差160mほど。そのあと駐車場まで上がらなければならないのでかなりきつい。が、この間(分岐−シオカラ谷出合−駐車場)が今の時期の紅葉の一番いいところであった。谷出合−駐車場にはカエデの大木も何本かある。それを励みに急坂を登って13時45分、駐車場に戻った。
 
シオカラ谷へと降りていく

シオカラ谷吊橋 この辺りが見頃

シオカラ谷に下りる
 
シオカラ谷から駐車場へ
2005.10.28UP