New 2020/01/28、「太宰府天満宮への奉納大神鏡の背面を読む」を作成しました。
2020/01/06、武四郎トピックスを更新しました。01/26更新しました。
1/8より、ブログ<旅する武四郎>を毎日更新しています。『乙酉紀行』前半を取り上げています。
『乙酉紀行』後半部は省略して、2月初めから『丙戌前記』前半に入ります。

 松浦武四郎は八面六臂、多方面の活躍をした人物です。最近は「北海道の名付け親」の肩書きのみが独り歩きしていますが、黄泉の彼自身はそのような独り歩きを喜んでいるかどうか、はなはだ疑問です。そう呼ばれることに忸怩たる思い、アイヌ民族に対する申し訳なさがあるのではないか。人気俳優の力を借りてまで世に出たいとは思っていないのではないかと思います。
 ではどう評価すべきか。本質的には、旅行家・登山家・探検家として評価されるべきだと考えます。「北海道の名付け親」(この事実を否定するわけではありません)もその中で位置付けたく思います。特に明治期の武四郎の足跡を追っている者としては上記の位置づけから彼の業績と素顔に迫ってみたいです。
 昨年末、4月初めから半年、解読・入力・編集に努めてきた『稿本東奥沿海日誌』を発行しました。今年も一冊出すことが出来たとホッとしています。『東奥沿海日誌』は3回の蝦夷地探査の後に書かれた稿本で、津軽・南部の沿海の地誌とともに、その海防状況を明らかにしています。
 稿本『東奥沿海日誌』の発行にこぎつけたものの、いつも楽しんでやってきた「刊行記念講演会」は、病気再発のためできず、代わりに記念館の山本主任学芸員に1/12の「武四郎講座」で取り上げてもらいました。
 次は何に取り組むかも明らかにして、それを励みに1年頑張るというのが例年のパターンだったのですが、やれるかどうか見通しがつかず諦めました。自分のやり続けてきた仕事にピリオドを打つことはまことに残念なのですが、しようがありません。「武四郎を読む」ことは自らに課したことなので、今後も何かを読み続けたいと思っています。発行を前提としないで、他に迷惑のかからない形で考えるつもりです。残った命で何をやるかは、この「案内処」に反映されるはずなので、御愛読のほどよろしくお願いします。
 当面は2003年に発行した『松浦武四郎大台紀行集』(『乙酉紀行・丙戌前記・丁亥前記)』の解読再吟味をやり始めています。大台ヶ原部分は自分の好みからかなり読み込んであるので大丈夫だとは思いますが、武四郎のくせ字になれていない頃だったので、前半の西日本旅行記の方は読み返しが不十分でした。


武四郎トピックス〉を再開しました。2020.01.17更新


**********松浦武四郎小伝**********
略年譜 松浦武四郎小伝(改訂中) 
**********少年時代のエピソード**********
家出一件…少年時代の書簡を読む
**********19歳時の旅の記録**********
稿本『四国遍路道中雑誌』解題  講演会(2018.03.11)レジュメ
『四国遍路道中雑誌』挿絵→ 巻一 巻二 巻三       
**********嘉永期の武四郎**********
『東奥沿海日誌』を読む
〈『東奥沿海日誌』津軽前半部の挿絵〉更新  〈『東奥沿海日誌』津軽後半部の挿絵〉
〈『東奥沿海日誌』南部前半部の挿絵〉  〈『東奥沿海日誌』南部後半部の挿絵〉
尻屋崎−『武四郎自伝』と『東奥沿海日誌』における描写の違い  〈恐山を行く〉
ーーーーーーーーー
稿本『鹿角日誌』を読む   稿本『壺の碑考』を読む 
スケッチ集『奥州名山奥州名山図譜』
  講演会(2019.03.10)レジュメ
『婆心録』復刻の時期
  奥州路を七度往復?
**********幕吏としての武四郎
**********
『丙辰日誌』  安政3年、幕吏として
 近世ルポの最高峰『近世蝦夷人物誌』を読む
『燼心余赤』を読む  『燼心余赤』目録
*******武四郎あれこれ*******
武四郎と知床<マッカウスの窟>  北海道の浜歩き(オホーツク海岸)
<ドインケツ>  『下田日誌』挿絵
武四郎ウォーク〈伊勢本街道の巻〉


 「明治の旅」一覧 図書紹介 小玉道明氏『近代初期の松浦武四郎』
自筆日誌に見る明治の武四郎・稿本解読の意義  『明治期稿本集』発刊の辞  
***明治2年***
『東海道山すじ日記』(影印・翻字)

***明治3年***
開拓判官免職願
***明治12年***
稿本『己卯記行』  講演会(2015.03.08)資料
***明治13年***
稿本『庚辰紀行』解題
大峰奥駆けで出逢った人々  『庚辰紀行』と『撥雲余興』
金峰山寺蔵王堂への奉納大神鏡に描かれた大峰奥駆行程図
講演(2016.03.13)「明治13年の武四郎」レジュメ
 ―――↓山行記 (「もぐらもち新聞」より)―――
山上ヶ岳に登る  稲村ヶ岳に登る  弥山・八経ヶ岳に登る  釈迦ヶ岳に登る
***明治14年***
明治十四年『辛巳紀行』の旅  稿本『辛巳紀行』挿絵
***明治15年***
稿本『壬午遊記』  2011.02.13講演会資料  講演補足
***明治16年***
稿本『癸未溟誌』
***明治17年***
稿本『甲申日記』  明治17年の武四郎1  明治17年の武四郎2
***明治18年***
稿本『乙酉紀行』  乙酉の旅(大台登山の詳細)
稿本『乙酉後記』(秩父観音霊場めぐり)
***明治19年***
稿本『丙戌前記』  大杉谷入渓・奥定宮をめぐって
稿本『丙戌後記(信毛周遊)
***明治20年***
稿本『丁亥前記』  稿本『丁亥後記』(富士登山)

明治期3回の大台ヶ原探査
武四郎の大台三登についてのまとめ
UPDATE『松浦武四郎大台紀行集』解題  『松浦武四郎大台紀行集』
大台三登行程図(付 大杉谷入渓)  武四郎が大台ヶ原に建てた石標調べ
資料「小堂について・・・白井光太郎氏の証言」
武四郎の実利行者に関する言及  参考サイト「実利行者の足跡めぐり」
講演会(2017.10.08)『大台山頂眺望図』をめぐって』概要)
上記『大台山頂眺望図』をめぐってPDF版
講演会(2017.10.08)〈『大台山頂眺望図』をめぐって〉レジュメ
―――――↓山行記(「もぐらもち新聞」より)↓―――――
東大台・西大台2005.05.13,14 大台ヶ原2005.08.16 大台ヶ原2005.10.28
日出ヶ岳・堂倉山2006.05.21 東大台2007.09.20 東大台2008.05.26

武四郎の多面的な活躍
神鏡奉納 天神信仰
New 「太宰府天満宮への奉納大神鏡の背面を読む」

武四郎が諸寺社に奉納した大神鏡
  第一番菅原院ガイド
『聖跡二十五霊社』順拝と小神鏡・石標奉納  稿本に見る聖跡二十五霊社順拝

古文化研究 
『庚辰紀行』と『撥雲余興
縫付傘
UPDATE 『寄書縫付傘』『骸骨図縫付傘』
『涅槃図』
『武四郎涅槃図』の世界  武四郎が学んだ真覚寺の『釈迦涅槃図』
『武四郎雑記』
『武四郎雑記』  さゐ
双六各種
『聖跡二十五霊社順拝双六』  絵と詞  
『千年紀念御神蹟めぐり』
『武四郎風刺双六』
『新板蝦夷土産道中双六』
『新板箱館道中名所寿語六』
武四郎の歌
UPDATE 武四郎の歌(横書き)    武四郎の歌(縦書き・PDF版)

武四郎追っかけドライブ&ウォーキング
三井寺に鍋塚を訪ねて
和歌山街道で高見峠越え
橡山林道から大台ヶ原を望む
丹生神社・近長谷寺・金剛座寺を回る
飛鳥から多武峯を経て吉野(上市)へ
上市・宮滝・国栖を経て、大滝・西河回りで奥千本へ
奥千本から金峯山寺蔵王堂を経て六田へ
六田から橋本・学文路を経て高野山へ


**********ブログ**********
武四郎追っかけ ブログ<旅する武四郎>
散歩・花歩・山歩・街歩 ブログ<SADA歩>
 メール
 松浦武四郎生誕200年を記念して、昨年度1年間にわたって連載されました「週刊武四郎」が、記念館版は第51号、北海道電力版は第52号で最終となりました。各号ともユニークなテーマでたいへん楽しませていただきました。ただしリンクを辿るのはたいへんなのでこちらにまとめました。どうぞご覧ください。⇨
**********お薦めサイト**********
松浦武四郎記念館(https://takeshiro.net/)
高瀬元館長のサイト  松浦武四郎の足跡を訪ねて

2020.01.17更新
*当サイトは佐藤貞夫(武四郎追蹤人)が運営する私設サイトです。文責は私にあります。
*当該画像の無断複製・転載を禁じます。
*松浦武四郎記念館所蔵の諸資料の掲載は同館の許可を得ています


「もぐらもち新聞」、いったん閉鎖しましたが、
山やら草木やらがあまりに懐かしく、復活しました。
過去はなかなか思い切れないものですね。
「もぐらもち新聞」目次


Gallery